最近の健康志向でヘルシーなオイルとして大人気のオリーブオイルですが、炒め物や揚げ物だけではなく、そのままサラダにかけたりバゲットに浸したりとその利用用途は様々です。生のままでいただくと、フレッシュなオリーブの実100%のジュースともいえるオリーブオイルだからこその風味と香りを十分に味わうことが出来ます。今回はオリーブオイルを使ったドレッシングの作り方と、そのドレッシングを使ったサラダのレシピをご紹介します。

ハニーマスタードドレッシング

ハニーを使って甘みを出しだ、チーズなど個性の強い食材にも合うドレッシングです。きのこなどの淡い風味の食材ともアクセントとして使え、また、甘いかぼちゃ等との相性も抜群、粘土が強いため、食材にしっかりとからんで、サラダの完成度を高めてくれます。サラダ等のドレッシングとして使うオリーブオイルは特にそのオリーブオイルの特性がしっかりとでてしまう為、出来れば上質なエクストラヴァージンオリーブオイルを使うとよいでしょう。お好みによるのですが、他に甘みや辛味、別の味覚を加えるときは、シンプルな風味のあまり強い個性のないオリーブオイルを選ぶのがおすすめです。

【材料】
・はちみつ…40g ※メープルシロップで代用も出来ます。
・マスタード…60g
・オリーブオイル…60ml
・粗挽き黒こしょう…少々

【作り方】
材料をすべてボウルに入れて泡だて器で良く混ぜ合わせる。
瓶に入れて冷蔵庫で保存する。2週間ほど保存が可能。
※保存容器は綺麗に洗ってよく乾燥させてください。特に夏場は水から沸騰させる煮沸消毒をするとよいでしょう。

自家製シュークルートのレシピ

フランス・アルザス地方で伝統的に食べられてきたシュークルート、塩漬けにしたキャベツを乳酸発酵させた酸っぱい郷土料理です。ドイツではザワークラウト、オランダではズールコート、ポーランドではキショナ・カプスタなどと呼ばれて様々な料理の付け合わせとして使われてきました。通常発酵には3日~1週間ほどの時間がかかるのですが、このレシピではクミンのスパイスを入れて白ワインとヴィネガーで煮込み、即席で作ります。この美味しさが凝縮したキャベツを甘みのあるハニーマスタードドレッシングで深みのある味わいに仕上げます。

【材料】2人分
・キャベツ…1/4個
・玉ねぎ…1/4個
・ニンニク…小さじ1 ※みじん切り
(A)
・白ワインヴィネガー…50ml
・白ワイン…100ml
・クミンシード…小さじ1
・ネズの実…(オプショナル。あれば細かく切る)3粒

・ローリエ…2枚
・お好みのソーセージ…適量
・ハニーマスタードドレッシング…大さじ4
・オリーブオイル…大さじ2
・塩…小さじ1

【作り方】
① キャベツを千切りにする。玉ねぎは薄切りにする。
② 鍋にオリーブオイルを弱火で熱してにんにくと①の玉ねぎを入れて炒める。玉ねぎがしんなりしてきたら①のキャベツを加えて軽く混ぜ合わせる。(A)の材料と塩、ローリエを加えて、蓋をして35分間煮込む。
③ お好みのソーセージを加えてさらに5分ほど煮込む。
④ 火を止め、ハニーマスタードドレッシングを加え、よく混ぜ合わせる。

どんな素材にも合う万能の調味料となってくれますので、たくさん作って冷蔵庫に常備しておくと便利です。