お菓子作りに使う油といえばまずバターが思い浮かぶ方が多いと思います。ショートニングなども使われますがむしろバター以外が思い浮かばないと言っても過言ではありません。しかしオリーブオイルもお菓子作りの油脂として使えることをご存知でしょうか。そこにはうれしいメリットがたくさんありました。オリーブオイルを使ったクッキーの作りかたをご紹介します。

オリーブオイルとお菓子作り

オリーブオイルをクッキーに使う理由は様々だと思います。乳製品を控えているマクロビオティックの方、または乳製品アレルギーの方などはバターを使わずにお菓子を作る必要があります。また、一時期バターが不足し、スーパーなどでも品不足で手に入らなかった時期などは料理だけでなくバターが欠かせないお菓子作りにもバター以外の油脂の使用を強いられました。

そんなときに活躍するのがオリーブオイルです。パスタなどに使うイメージが強いオリーブオイルですが、実はお菓子作りにも使うことができます。バターよりも手に入りやすく、状態も安定しているのでお菓子作りに向いている油脂と言えます。

オリーブオイルでクッキーを作るメリット

オリーブオイルでクッキーを作る場合、最もうれしいことは粉類に卵とオリーブオイルなどの油分を入れてさっくりと混ぜるだけで生地が出来上がる手軽な作り方にあると思います。

バターを使う場合は冷蔵庫から出したての固いバターをクリーム状にしてそこに砂糖を入れて白っぽくなるまで泡立て、卵を入れてさらに混ぜてからやっと粉を合わせて生地ができます。この工程を考えるとオリーブオイルを使う方法はシンプルで簡単に出来上がります。

また、オリーブオイルを使って焼くとさっくりとした食感に仕上がり、エキストラバージンオリーブオイルのフレッシュな香りも楽しめます。ベーコンやフライドオニオン、オリーブなど塩系の具材を入れておつまみ系のクッキーを作るのにもオリーブオイル生地は最適です。

基本のオリーブオイルクッキーの作り方

まずはシンプルな基本のオリーブオイルクッキーの作り方です。

【材料】
有機エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル ドルチ…80ml
黒オリーブ(種なし)…8粒
薄力粉…180g
ブラウンシュガー…100g
全卵…1個
ローストしたクルミ…50g
天日塩…少々

1.ボウルにふるった薄力粉とブラウンシュガーを入れてよくかき混ぜます。
2.別のボウルに全卵をほぐし、オリーブオイルを入れてよく溶き混ぜます。1に回し入れてゴムべらでさっくり切るように粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせます。
3.天板にオーブンペーパーを準備し、2.を2本のスプーンですくって落とします。焼くと広がるので生地と生地のあいだはしっかりあけましょう。
4.好みでクルミを適当な大きさに砕いて乗せます。塩をふり、直径4㎝程度に広がるように指で軽く押さえて焼く準備をします。
5、170℃に余熱したのオーブンで15分焼きます。粗熱が取れたら網にのせてしっかり冷まして完成です。

具材にオリーブの実を刻んだものやフライドオニオン、ベーコンを刻んだものを入れておつまみ風にアレンジしてもよいでしょう。粉チーズやあら挽きのブラックペッパーをかけて焼くと良いアクセントになります。