手軽に作れるスイーツとして人気のクッキーですが、簡単に作れてもカロリーが気になってしまうという方もいるでしょう。
クッキーに使われるバターはカロリーが高く、あまりダイエット向きではありません。しかし、バターの代用としてオリーブオイルを使うことができるのです。

バターの代わりにオリーブオイルを使ってヘルシーに

バターではなくオリーブオイルでも、油分があることに変わりありません。また、オリーブオイルにはオレイン酸が多く含まれています。オレイン酸は小腸で消化吸収されにくい性質を持っています。腸に刺激を与えて動きを活発にし便秘を解消する効果が期待できますので、便秘がちな方にもおすすめです。
また、オリーブオイルの色素の成分であるクロロフィルは、体内の毒素を排出するデトックス作用を持っており、女性の悩みであるニキビや吹き出物などの炎症を鎮める働きもあります。
中性脂肪がつきにくくなる効果があるといわれるオリーブオイルをバターの代わりに使うことで、ダイエット中でもスイーツを食べたいと思う方にとってはバターを使うよりはカロリーを気にせずにすむかもしれません。

オリーブオイル使ったヘルシークッキーのレシピ

クッキーを作るのに使うオリーブオイルの種類は、食用であれば問題ありません。より素朴でヘルシーなものを作りたいのであれば上質なエクストラヴァージンオイルを使用することをおすすめします。オリーブオイルを入れすぎるとクッキーが固まらなくなるので注意します。少しずつオリーブオイルを加えていくようにしましょう。

●材料
小麦粉     …170g
砂糖      …50g
シナモン    …適量
岩塩      …適量
オリーブオイル …120cc
全卵      …1個

※砂糖の量はお好みで調節してください。

●作り方
小麦粉とシナモン、砂糖、岩塩をボールへ入れ、しっかりと全体が混ざるようにかき回します。
バランス良く素材が混ぜ合わさったところを確認したら、オリーブオイルを入れて混ぜていきましょう。
ここでのポイントですが、オリーブオイルは少しづつ、状態を見ながら混ぜ合わせていくと良いです。少しずつ注ぎ入れながら混ぜてください。
全体が混ざってきた卵を入れます。卵は、しっかりと溶きほぐしたものを利用してください。
全て混ざったところを確認したら、絞り袋にタネを入れます。
絞り袋の先端に1センチメートル程度の穴を開けておき、オーブンシートがひかれた天板にお好みの形で形成させていきます。
170℃程度のオーブンで23分焼いたら完成です。

クッキーのレシピの応用

ここではバターの代わりにオリーブオイルを利用したクッキーのレシピを紹介しましたが、バターを利用する全てのスイーツにオリーブオイルでの代用が可能です。
オリーブオイルはバターよりヘルシーなうえに痩せやすい体を作ってくれるオレイン酸が豊富に入っているため健康にもよい影響があります。クッキーを作るときは、品質の高いオリーブオイルを使ってみるのはいかがでしょうか。
ただ、ヘルシーになったからといって食べ過ぎてしまわないように注意しましょう。

オリーブオイルで揚げるお菓子

フレッシュなオリーブの果実100%のオリーブのジュースであるオリーブオイル、炒め物や揚げ物、サラダのドレッシングとして料理一般に幅広く使える万能なオイルであることだけでなく、健康や美容にも良いヘルシーなオイルとして人気を博しています。最近では巷のスーパーマーケットなどでも数種類のオリーブオイルを揃えているところが増えてきました。オリーブオイルは油の成分が素材の中まで浸透せず、表面にとどまるため、オリーブオイルで揚げるとまわりはさくさくで中はべとつかず、消化の良い、冷めても味わいの深いお菓子が出来あがります。また、生地にもオリーブオイルを加えればこくが出て香ばしい風味になります。

謝肉祭の伝統的な焼き菓子「メルベイユ」

メルベイユ“Merveille”とはキリスト行事にまつわるお菓子で、地中海沿岸の地域で伝統的に作られてきました。復活祭が始まる前、「マルディ・グラ(謝肉祭)」に断食が始まる前のカーニヴァルとして食べられています。主にフランスのニースが有名ですが、南西部を中心に各地にそれぞれ揚げ菓子があり、形も様々、それぞれアニス酒やラム酒を使ったもの、オレンジの花水やレモンなどで香り付けされているものもあります。

【材料】35個分
(A)
・薄力粉 250g
・ベーキングパウダー 小さじ1 1/2
・全卵 2個

(B)
・ブラウンシュガー 25g
・グラニュー糖 25g
・オリーブオイル 50ml
・塩 小さじ 1/4
・オレンジの花水 小さじ1/2
・揚げ油(オリーブオイル) 適量

【作り方】
(下準備)
・卵は室温に戻す。
・Aの粉類は合わせてふるっておく。
・ブラウンシュガーはかたまりがあるようであればほぐしておく。

① ボウルに卵を割り入れて泡だて器でほぐし、Bを加えて混ぜ合わせる。
② ①に粉類をふるい入れ、手で混ぜ合わせながらひとかたまりにする。
③ ラップで包み、冷蔵庫で2時間ほど休ませる。
④ ③を打ち粉をした台にのせ、めん棒で3mmほどの厚さにのばす。8×3cmくらいの長方形にカットし、真ん中に5cmくらいの長さの切り込みを入れる。
⑤ 170℃にオリーブオイルを熱し、④を順に揚げる。
※オリーブオイルは180℃以上になるとせっかく含まれている抗酸化物質の効力が失われてしまい、脂肪酸の酸化が始まります。温度には十分気をつけながらあげましょう。

揚げ油に使用するオリーブオイルは必ずしも高品質の「エクストラヴァージンオリーブオイルは」である必要はありません。大量に安価で売っている「ピュア・オリーブオイル」に分類されるものでも十分美味しくできます。これはエクストラヴァージンと精製オリーブオイルをミックスしたものですが、揚げもののように大量に使用するときには重宝します。また、オリーブオイルは他の植物油に比べて比較的酸化しにくいため、揚げ湯として上手に使えば4、5回は繰り返し使うことが出来ます。