日本安全食料料理協会はどんなところ?

日本安全食料料理協会は食に関わる人に対してのさまざまなカテゴリーの資格が協会の求める一定の水準がある人に対し認定書を発行する機関です。

資格取得者のスキルの水準が高いことが認められることによってモチベーションアップし、技術や能力の向上に繋がっていきます。

また、企業においても技術力の高い人材を選抜するときの指標になるのです。

安全な食を提供する人たちにとっては日本安全食料料理協会の発行する資格は雇用する側にとっても

雇用される側にとっても有益な資格なのです。

日本安全食料料理協会認定の食用オイルソムリエ資格は?

食用オイルソムリエという資格を知っていますか?

あまり耳にしないような食用オイルソムリエという資格ですが、実は最近注目されている資格なのです。

ワインソムリエをいうのは一般的にはよく耳にしますよね。

本来ソムリエとはそのものに対して専門的な知識を持った人のことをいいます。

アドバイザーやコンサルタント、エキスパートなどという職種と同じような性質を持つのです。

つまり、食用オイルソムリエは、食用オイルについての専門的な知識を持った人ということですね。

健康ブームが定着している昨今、身近にある食用オイルについても見直し健康的に取り入れたいと思う人がとても多いのです。

ブームになったココナツオイルも食用オイルの一つですよね。

オイルの全てが体に悪いように思われていましたが、オイルと一言では言えないくらいいろんな成分、体への効果がある食用オイルがあることが再認識され注目を集めています。

そんな専門的な知識を持った食用オイルソムリエになるためにはどのような勉強をすれば良いのでしょう。

食用オイルソムリエ資格を取得するためには、オイルの分類である、オメガ3、オメガ6、オメガ9などの脂肪酸や、リノール酸やオレイン酸、αリノレン酸、エイコサペンタエン酸、ドコサヘキサエン酸などの知識や、成分についての知識が取得できていることです。また、オリーブオイルやホホバオイル、ココナッツオイル、ひまし油、エゴマ油、ごま油、アーモンドオイル、アボカドオイル、アルガンオイル、マカダミアナッツオイル、ペカンナッツオイル、クルミ油など、食用オイルのそれぞれの特性や体への効果、美容への効果、ダイエットに対しての効果についてもどうなのか理解していなくてはいけません。さらに、それらの食用オイルの活用方法熟知し、食用オイルを求める人に対して効能にあったオイルを選んで上げる能力も合わせて必要になるのです。

それらのことが全てクリアした人に対して与えられるのが、日本安全食料料理協会認定の食用オイルソムリエ資格なのです。

日本安全食料料理協会認定の食用オイルソムリエ資格の口コミ

日本安全食料料理協会認定の食用オイルソムリエ資格が口コミの評判がとても良いのです。

「食用オイルに対する知識が高まり、家族に健康的な食用オイルを使った食事を出せるようになった。」

「飲食業で働いているが日本安全食料料理協会認定の食用オイルソムリエ資格取得後、報酬がアップした」など

資格取得者からの喜びの声がとても多いのも口コミ人気が高い理由の一つでしょう。

さらに、日本安全食料料理協会認定の食用オイルソムリエ資格の受験料は10000円というリーズナブルさ、そして、なんといって在宅受験できるメリットが忙しい人にはありがたいと、喜ばれているのです。

これなら、日本安全食料料理協会認定の食用オイルソムリエ資格が口コミで人気になるのがわかりますよね。