加工食品などに含まれているトランス脂肪酸が私達人間の体に悪影響を及ぼすのではないかと問題になっています。

トランス脂肪酸とは一体どんなものなのでしょうか。

トランス脂肪酸とは

トランス脂肪酸は、マーガリンやファットスプレッド、ショートニングなどに含まれる脂肪酸です。

それらの油脂食品は、常温で固まっていて、通常硬化油と呼ばれますが、原材料は主に植物油で、こちらは常温では液状です。

その液状の植物油をマーガリンなどの硬化油に加工する工程で、水素加工という作業を行います。その時に液状の不飽和脂肪酸が飽和脂肪酸に変化して、常温でも固体の状態になるのですが、この水素加工の工程でトランス脂肪酸が生成されるのです。

トランス脂肪酸を含む食品

油脂を使った加工食品や大手メーカーの菓子類などのほとんどは、トランス脂肪酸が含まれているショートニングが使われています。

ショートニングを使用することによって、揚げ物はカラッと、ビスケットなどはサクサクとした触感になり、品質が長持ちします。

具体的にショートニングの使用によるトランス脂肪酸を多く含む食品として、ファーストフード店のハンバーガー、フライドポテトやショートケーキ、デニッシュ、アイスクリーム、チョコレート、スナック菓子などの菓子類から、カレーやシチュウのルー、シリアル、コーヒーフレッシュまで幅広いのです。

トランス脂肪酸の人体への影響

脂質は三大栄養素の一つですから、摂取する量が少なすぎると健康に悪影響がでる場合がありますが、脂質はカロリーが高いので、過剰摂取は逆に肥満などの原因となって、生活習慣病のリスクが高くなります。

トランス脂肪酸に関しては、わざわざ食品から摂る必要はなく、かえって、摂りすぎは健康へ悪影響を与えると考えられています。

トランス脂肪酸を過剰摂取することによって、悪玉コレステロールが増えて、善玉コレステロールが減少するという報告がありますし、肥満やアレルギーを引き起こすことに関しても、関連性が認められています。

ただしこのような報告は、トランス脂肪酸の摂取量が日本人より圧倒的に多い欧米人を対象にしたもので、日本人にも同じような影響があるのかは、まだ良くわかっていません。

トランス脂肪酸の安全な摂取量

2003年に、『食事、栄養及び慢性疾患予防に関するWHO/FAO合同専門家会合』によって、トランス脂肪酸の摂取量を、『総エネルギー摂取量の1%未満』にするように勧告されました。

日本人の場合、大人の一日の平均エネルギー摂取量は、約1,900キロカロリーなので、一日に2g未満になります。

ほとんどの人がほぼ毎日、気が付かないうちにトランス脂肪酸が含まれた食品を食べていますが、トランス脂肪酸を過剰摂取しないためには、毎日バランスの取れた食事をとることが大事です。

たとえば、朝にデニッシュを2~3個にコーヒーフレッシュ入りの珈琲、昼にファーストフード店のハンバーガーとフライドポテト、おやつにショートケーキ、夜の食事にカレーライス、というような食事を毎日続けたらトランス脂肪酸を過剰摂取している可能性があります。

出来るだけ自炊をして、食品の栄養価に興味を満ち、賢い食生活を送ることが、危険物質から自分の体を守る最も良い方法です。