オリーブオイルといってもその産地や種類によって価格も味も様々です。オリーブオイルをもっと知ることで好みのオリーブオイルを見つけるヒントになり料理の幅がグッと広がります。オリーブオイルのきほんのきをご紹介します。

オリーブオイルとは

オリーブオイルとはオリーブの果実から絞られるオイルのことを指します。通常ごま油やアマニ油のように油は植物の種子を絞って作られますが、オリーブオイルは果実から油を絞るところが他の油と異なります。

オリーブオイルは大きく分けて「バージンオリーブオイル」と「ピュアオリーブオイル」とに分けられます。それぞれ細かくご紹介します。

バージンオリーブオイルとは

バージンオリーブオイルとはオリーブの実を絞ったそのままのオイルのことを言います。さらにその中でも酸度が低いものが上質とされ、バージンオリーブオイルの中でも4段階のランクに分けられます。

最も酸度が低い0.8%以下で、申し分ない香りと風味があるものを「エクストラバージンオリーブオイル」といいます。その上質さから価格も他のオリーブオイルと比べて高価になります。次に酸度が2.0%以下のものが「ファインバージンオリーブオイル」といい、こちらも上質な香りを有しています。

3.3%以下のものは「オーディナリーバージンオリーブオイル」、3.3%以上のオイルを「ランパンテバージンオリーブオイル」と呼び、こちらはそのままでは食用には向かず、精製するか工業用として使用されます。

ピュアオリーブオイルとは

バージンオリーブオイルに対してピュアオリーブオイルとはそのままでは食用に向かない「ランパンテバージンオリーブオイル」を精製した「精製オリーブオイル」と「バージンオリーブオイル」を混ぜ合わせて作られたオイルのことを指します。

実はこのピュアオリーブオイルは精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルの配合に決まりがないため、味も香りも様々です。精製オリーブオイルは香りや風味がないため、バージンオリーブオイルが入っている量によってピュアオリーブオイルの質が変わってくると言えそうです。

ちなみにピュアオリーブオイルと呼ばれているのは日本国内のみです。海外では同様のものを「オリーブオイル」と呼んでいます。

フレッシュな香りが魅力のオリーブオイル

オリーブオイルの一番の魅力はそのフレッシュな風味ではないでしょうか。他のオイルが植物の種子から摂れるのに対してオリーブオイルは果実から絞られるので果実そのもののフレッシュさがそのまま味わえます。

種子から摂れるオイルはそのままでは油が絞りにくいため焙煎してから絞る必要があり、そのためオイルに香ばしい香りが付いてしまいます。絞った油を精製したものは不純物とともに香りや風味も失われてしまいます。

以上のことから加熱や精製をしていないオリーブオイルはフレッシュな風味が楽しめるのです。

オリーブオイル独特の味

オリーブオイルをそのままなめた時、ほんの少しピリッと辛かったり苦みを感じたことはありませんか。これはオリーブオイルが精製されていないため、オリーブ本来の辛味や苦みがオイルにも残っているのです。

この味はオリーブの産地や絞り方によって異なるので好みのオイルを見つける一つの基準にしてみるのもよいでしょう。