オリーブオイルとひとくちに言っても、実は搾油されてから化学分析と官能試験を行った上で細かく分類されています。日本で食用として店頭に並んでいるものの中にも、オリーブの実を搾っただけの栄養価の高いそのまま飲むのに適している高品質のオリーブオイルと、精製されて質の落ちているオリーブオイルがあります。今回はオリーブオイルの種類とその見分け方についてご紹介します。

オリーブオイルの種類

国際基準でのオリーブオイルは細かく分類すると9つに分かれます。まずオリーブの実を搾油しできたオイルをオリーブオイル、その搾りかすからさらに絞って出てきたものをポマースオイルと呼びます。ポマースオイルはこのままではオリーブオイルとは呼べませんが、精製して、バージンオイルやエキストラバージンオイルを配合させることによって、ポマースオリーブオイルとして市場に出ます。

オリーブの実を搾油した物理的な加工のみのものをバージンオイルとよび、その中で化学分析で酸度が0.8%以下、官能試験において欠陥がなかったものは、オリーブオイルの最高品質であるエキストラバージンオイルになります。酸度が3.3%を超えてしまうものをランパンテオリーブオイルとします。このランパンテオリーブオイルは精製されてバージンオイルやエキストラバージンオイルと配合してオリーブオイルとして市場に出荷されます。しかし、この配合の割合については明確な基準がないので、中には少量しか配合されていない質の悪いものもあります。

ちなみに、精製したランパンテオリーブオイルとバージンオイルまたはエキストラバージンオイルを配合して作ったオリーブオイルを日本ではピュアオリーブオイルと表示していることもあります。

飲むのに適しているオリーブオイル

オリーブオイルの分類が分かれば、飲むのに適しているのはエキストラバージンオイルということがお分かりだと思います。

気を付けて頂きたいのは、日本でエキストラバージンオイルと表記されているオリーブオイルが必ずしも国際基準に定められているエキストラバージンオイルとは限らないということです。

実は、日本のオリーブオイルについての基準はJAS規格にあるオリーブ油と精製オリーブ油という分類しかありません。オリーブ油はオリーブ特有の香味を有し、おおむね清澄であること。酸価2.0以下であること。精製オリーブ油はおおむね清澄で香味良好であること。酸価は0.6以下であること、というようにあまり詳しくは分類がされていないのです。

つまり、この規格に沿っていればエキストラバージンオリーブオイル、ピュアオリーブオイル、精製したポーマスオイルにバージンオリーブオイルまたはエキストラバージンオイルを混ぜてオリーブオイルとしているものも、エキストラバージンオイルと表示しても違反にはならず、消費者が望んでいる品質とは異なったオリーブオイルを購入してしまう恐れがあるのです。

国産のオリーブオイル

輸入されてきているオリーブオイルがどのような品質かを見分けるのはテイスティングに自信がないと不安ですね。中には本当に高品質のものもありますが、日本にも香川県や岡山県でオリーブオイルを作って販売されているので、自分に合ったオリーブオイルを探してみるのも楽しいでしょう。