オメガ脂肪酸とは

人間の脳は、水分を除くと約60%は脂質で構成されています。そのため、毎日の食生活でどんな脂質をどのように摂取するか、ということはとても重要なお話です。油に含まれる、脂質を構成する脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とに分けられます。具体的には、化学式の違いで、炭素同士が2本の手で結合している部分をもつものを不飽和脂肪酸と呼びます。そして、その二重結合の個数や何番目の炭素との間に最初の二重結合があるかによって、オメガ3系脂肪酸、オメガ6系脂肪酸、オメガ9系脂肪酸の3つに分類されます。飲料業界大手のサントリーでは、サラサラしていて、常温で固まりにくい不飽和脂肪酸を「オメガ脂肪酸」と総称しています。主にはオメガ3系脂肪酸とオメガ6系脂肪酸です。

オメガ脂肪酸に含まれる成分

オメガ脂肪酸は母乳の中にも存在し、乳児の脳や身体の発育に欠かせない脂肪酸となっています。具体的に見てみると、オメガ3系脂肪酸にはしそ油が分類され、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、αリノレン酸が、オメガ6系脂肪酸には紅花油が分類され、ARA(アラキドン酸)やリノール酸が、オメガ9系脂肪酸にはオリーブオイルが分類され、オレイン酸が含まれています。DHAやARAの量は、60代を過ぎた頃から顕著に減少してしまうと言われています。DHAやEPA、ARAが不足すると、血流が滞り、血栓ができやすくなり、脳血管障害による痴呆症を発症してしまう可能性があります。

オメガ脂肪酸の効果

DHAやARAは、体内では生成されず、食べ物によって補給する必要がある必須脂肪酸のひとつで、脳や血液、皮膚など、身体を構成する成分として広く全身に存在します。これらは特に、脳内の学習・記憶能力を司る海馬という組織に多く含まれます。そのため、海馬の機能を支える成分として期待されています。このような知力に関わる働きだけでなく、気力の低下や不安などを抑止し、精神状態を安定させる働きもあると言われ、うつ病患者の症状が改善されたというデータもあります。また、ARAには、脳の細胞膜を構成し、細胞膜をしなやかに保つ働きがあり、情報伝達を円滑にすると言われています。そのため、オメガ脂肪酸と認知症の関係についての研究も進められています。加えて、EPAには赤血球の膜を柔らかくする効果や、血管をやわらかくしなやかにする作用があるため、血液の流れをスムーズにする働きがあり、こちらも脳の健康はもちろん、生活習慣病の予防にも大事な成分です。ほかにも、DHAは肝炎が肝臓がんに移行するのを抑える効果が、DHAやEPAには老眼や白内障などを改善する効果、炎症を抑え、疲労回復や持久力を向上する効果が、EPAには中性脂肪の低下や、アレルギーやアトピー、ニキビの軽減にも効果があります。さらには、ARAの一部がエタノールアミンという化合物と結合すると、アナンダマイドという物質に変化します。脳内でアナンダマイドが作られると、不安や恐れが軽減し、至福感や多幸感を感じることが報告されています。しかし、DHAやARAは酸化されやすいため、βカロテンやビタミンC・Eやポリフェノール類など、抗酸化作用の高い食品と一緒に摂取すると効果的です。