私たちの食生活にオイルは欠かせない存在ですが、収納戸棚にしまいっぱなしの賞味期限切れのオイルや、何度か揚げ物に使った古いオイルなどを処分する時は、どのようして捨てたらよいのか悩んでしまいます。

でも、オイルを直接排水溝に流してしまうと水道管にオイルがこびりついて水がスムーズに流れなくなる可能性がありますし、未開封のオイルをそのままごみとして出してしまうと、日光などによって火災になる危険もあります。

これから紹介するオイルの捨て方は、ほんの少し手間がかかりますが、安全で、自治体の定めた基準にも適応しています。

酸化したオイルの見分け方

煙が出る

食用オイルの発煙点は一般的に240°cですから、普通家庭で揚げ物をしても煙が出ることはありませんが、酸化したオイルは約170°cで発煙します。

粘りが出る

オイルに常温の状態で粘りがあるときは、すでにオイルは酸化しています。

消えにくい泡が出る

オイルが酸化していると、揚げ物をしているときに、いつまでも消えない泡が出ます。

オイルの色が変わる

オイルの酸化によって、新鮮な時は透明だったおいるが、茶色に変色します。

以上の内どれかの症状がでたら、処分するべきでしょう。

賞味期限切れ食用オイルの捨て方

食用オイルの上手な捨て方を覚えれば、安全にスマートにごみとして出すことができます。

牛乳パックと古新聞、ぼろ布などを利用する方法

牛乳パックの注ぎ口を全部広げて、丸めた新聞紙かぼろ布を詰め、火災防止のため水で湿らせます。

そこに、冷ましたオイルを流し込み、新聞紙がオイルを全部吸い取ったことを確認してから、ガムテープなどでしっかりと閉めます。

ビニール袋と新聞紙を使う方法

スーパーのビニール袋に一枚を半分に切った新聞紙をまるめて何枚分か入れて、冷めたオイルを流し込みます。

この時ビニール袋を2重にすると、オイルが漏れません。

小麦粉を利用した方法

古くなって料理には使えないような小麦粉がある場合は、オイルの量に合わせて適量入れます。

小麦粉が凝固剤の役目をして、しっかりオイルを固めてくれます。

市販の凝固剤を使用する方法

家にあるものを利用する方法ではありませんが、市販の凝固剤を使えば、面倒な手間はかかりません。

常温のオイルを固める場合は、オイルを一度温めて熱くなってから凝固剤を入れます。

いずれの場合も、可燃ごみとして出します。

未開封の賞味期限切れオイルを捨てる場合

未開封のオイルも上記の方法で捨てることはできますが、量が多い場合は大変です。

リサイクル回収に出す

未開封、未使用のオイルをリサイクルに使用するために回収してくれる自治体もあります。

有料か無料かは、各自治体で違いますから、ホームページで調べるか、直接電話などでたずねてみましょう。

使用済み食用オイル回収ボックスを利用する

自治体のなかには、使用済み食用オイルの回収ボックスを設置しているところもあります。

すべての種類のサラダオイルとオリーブオイルであれば、この回収ボックスを利用して捨てることができます。

捨て方は、未開封のものはそのままで、使用済みのオイルはボトルに入れて、オイルが漏れないように口をしっかり閉めて回収ボックスに投入します。

賞味期限切れオイルの捨て方は、慣れるとあまり面倒な作業ではなくなります。

時間のある時に古新聞を牛乳パックやビニール袋にいれて、必要な時にすぐ使えるようにしておくと、ストレスがたまらず便利です。