オリーブオイルの健康効果を期待して、毎日適量を摂取しているという方も多いでしょう。オリーブオイルは、正真正銘の純粋なエクストラヴァージンオイルを選ぶことで、さまざまな健康効果が期待できる注目のオイルです。

しかしながら、漠然と良いといわれているだけでは色々とハッキリしない部分もあり、モヤモヤしてしまう方もいるのではないでしょうか。まず、オリーブオイルを摂取するのであれば、その性質もしっかりと理解しておくことが大切です。

今回、ここではオリーブオイルの性質についてを簡単に説明していきます。ぜひ、参考にしてオリーブオイルの性質を理解しましょう。

オリーブオイルは栄養価が高い

オリーブオイルの性質として、他のオイルなどに比べて栄養価がとても高いという部分が挙げられます。オリーブオイルと同様に健康効果があると比較されるのが、ごま油ですが、それよりも健康効果が高いといわれています。

不飽和脂肪酸のひとつであるオレイン酸ですが、ごま油の2倍以上の量をオリーブオイルは有しています。

さらに、バルミチン酸もごま油よりも多く、ステアリン酸、リノール酸、リノレン酸なども豊富に含まれています。植物油やひまわり油、落花生油など、近年健康効果が期待されてるオイルに比べても圧倒的に栄養価が高いといわれているのが、オリーブオイルンなのです。

オリーブオイルの不飽和脂肪酸

オリーブオイルの性質の最も注目すべき点としては、やはり不飽和脂肪酸です。とはいえ、飽和脂肪酸もある程度は含んでいるので、全てが不飽和脂肪酸ではありません。

結果的に、使えば使うほど健康になれるというものではなく、大量摂取に関しては体に悪影響を与える可能性もあるので注意してください。とはいえ、圧倒的に他の油に比べると不飽和脂肪酸を有しているので、性質としては血中のコレステロールを下げてくれる可能性が示唆されているのです。

不飽和脂肪酸には二種類ありますが、一価不飽和脂肪酸と多価飽和脂肪酸の二つともオリーブオイルには含まれています。そのため、悪玉コレステロールに作用してくれる脂肪酸と、それには作用しないがコレステロールを下げるという効果のある脂肪酸があり、オリーブオイルの性質がハッキリとしているのです。

オリーブオイルのリノール酸

オリーブオイルの性質としては、オレイン酸が良く語られています。しかし、注目すべき点としてはリノール酸にも目を向けるべきでしょう。リノール酸というのは、人体で合成を行うことができない脂肪酸として知られています。

しかし、過剰摂取をしているともいわれており、善玉コレステロールまでも取り除いてしまう強い脂肪酸ともいわれています。心筋梗塞などを誘因する作用も過剰に摂取しすぎると起こしてしまい、とても危険であるとして知られる酸です。

ほど良い量を摂取することが大切ですが、低質なサラダ油などに多く含まれており、こういった油を日常的に使用することが危険な生活に繋がっていきます。

オリーブオイルにも含まれているのですが、丁度良いバランスで含まれているだけですので、過剰摂取しなければ何ら問題はありません。

オリーブオイルの性質を理解して使う

オリーブオイルは、他のオイルに比べてもとても優れた作用を持つオイルということが分かったと思います。しかし、当然ながらカロリーも高く、過剰摂取は悪影響です。オリーブオイルの性質をしっかりと理解して、バランス良く摂取し続けることを心掛けていきましょう。