ゴミの処分について

ゴミの処分の仕方を間違えると、回収してもらえなくて集積所に残ったままになってしまったり、ご近所の方に迷惑をかけてしまいます。そのためゴミの分別は各自治体のルールに従ってきちんと行うことが大切です。食用油の容器は、大きく分けてプラスチック製と瓶の2種類です。

食用油のボトルのキャップの取り方

中には、ラベルにキャップの取り方の説明書きがされているものもありますが、失敗してしまうことも多々あります。手でやっては爪や指を傷めてしまうので、キッチンバサミやスプーンやフォークの柄、ラジオペンチなどを注ぎ口に差し込み、テコの原理で上に押し上げると上手にとることができます。くれぐれも手が滑って怪我をしないように気を付けてください。また、最近では100円ショップなどキャップ外し専用の道具が売っているそうです。

食用油のプラスチック容器の捨て方

プラスチックで作られている食用油のペットボトル容器には、大体ラベルに「PET」か「プラ」の表示があります。「PET」と書いてあれば、よく洗って油を落とした場合、容器包装プラスチックとしてペットボトルと同様に処分することができます。「PET」ではなく「プラ」と書いてあるものは、各自治体のプラスチックゴミのルールに従って処分できます。往々にして容器に油汚れが付いている場合はリサイクルができないため、燃やせるゴミなどに出すことになりますが、自治体の中には、中身を使い切った油の容器に関しては、容器プラスチックとして出しても大丈夫なところもあります。また、捨てる際に、容器に油が多く残っていると、発熱して自然発火することがあるため、注意が必要です。このような分別方法は食用油の容器だけでなく、調味料の容器でも同じような判断が必要になるので、参考にしてみてください。

食用油の瓶の捨て方

自治体の処理ルールに従いましょう。また、容器はビンでも、ラベルやキャップはプラスチックのこともあるのでキャップは取り外し、こちらも自治体ルールに従って処分するようにしましょう。また、容器に油汚れが残っている場合には、大体不燃ごみと分類されます。

食用油の入っていた容器の洗い方

容器を洗う際には、水だけでは簡単には落ちないため、重曹をお湯で溶いたものやそれに食器用洗剤を加えたもので振り洗いすると簡単にきれいになります。他にも、食器用洗剤と砕いた卵の殻、お湯を入れて洗う方法もあります。あまり熱いお湯を使うとプラスチック容器の場合、溶けてしまうので、温度に気を付けましょう。大体キュッキュッと音がするかどうかというところを判断基準にして、資源ごみとして捨てることができます。少々手間はかかりますが、きちんと分別してリサイクルすることができれば、環境にもよく、気持ちも明るくなりそうですが、水や洗剤を使うことを考えるとどちらがエコなのか個人により判断は異なりそうです。また、洗い方ではないのですが、残り少ない油の容器に、直接お酢や塩こしょうなどの調味料を入れて混ぜ、ドレッシングとして最後まで油を使い切るという方法もありました。

最後に

ごみの分別で分からないことがある場合は、お住まいの自治会や役所に直接電話で問い合わせたり、インターネットで調べてみることをおすすめします。