生活習慣病に

●αリノレン酸の効果
人体では生成できない必須脂肪酸のひとつであるαリノレン酸は、亜麻仁油やえごま油に比較的豊富に含まれています。αリノレン酸は摂取すると、その一部が体内でDHAやEPAに変化します。DHAやEPAは青魚にも多く含まれており、血液中の中性脂肪を減らし、血液をサラサラする働きがあり、高血圧や動脈硬化、心疾患や脳卒中など生活習慣病の予防になります。そのため、健康効果が期待されている成分です。しかし、酸化しやすいため加熱には向きません。

●オレイン酸の効果
生活習慣病に効果があるといわれるオレイン酸は、他の油と比較して、オリーブオイルには多く含まれています。オレイン酸は、悪玉コレステロール値だけを下げ、善玉コレステロール値は下げない働きがあり、動脈硬化や心疾患を予防します。それだけでなく、胃酸の分泌を調整して便秘を解消したり、肌の健康を維持にも役立ちます。とりわけ心臓によいという説もあります。オリーブオイルの中でも上質なエクストラヴァージンオイルを選ぶと、栄養成分も豊で、より効果が期待できそうです。また、亜麻仁油やえごま油とは違い、熱に強く酸化もしにくいため、炒め油や揚げ油として使うことができます。

●γオリザノールの効果
こめ油特有で含まれるγオリザノールはポリフェノールの一種で、ビタミンE同様に抗酸化力が強い成分です。血液をさらさらにし、コレステロール値を減らすことから生活習慣病に効果があります。他にも更年期障害や胃腸神経症の改善、脳の劣化防止にも向いています。

ダイエットに

ココナッツオイルに含まれる脂肪酸の半分以上が飽和脂肪酸ですが、中でも中鎖脂肪酸が豊富に含まれています。中鎖脂肪酸は消化吸収が早く、すぐにエネルギーとして燃焼され、体脂肪として蓄積されにくい特徴があり、体内に取り込まれた後には、肝臓でケトン体という物質に分解され、活性酸素を無害化し、ダイエットやアルツハイマーにも効果的だとされています。酸化しにくく、加熱も可能なため、炒めものや揚げもの、お菓子作りの際のバターの代わりとしても使うことができます。

肝機能改善に

肝機能改善に向いているのはゴマリグナンを含むごま油です。肝機能改善効果があるため二日酔いなどにも効果的です。また、抗酸化作用や脂肪酸の代謝の促進、免疫力を高める効果もあります。

老化防止に

●セサミンの効果
セサミンと呼ばれる抗酸化物質を豊富に含むのはごま油です。活性酸素を抑え、身体の老化を防ぎますし、コレステロールを減らす作用もあります。

●ポリフェノールの効果
グレープシードオイルには抗酸化物質であるポリフェノールが含まれており、こちらも身体の老化を防ぎますが、がんやアレルギーの原因となるとされているリノール酸も比較的多く含まれているので、バランスを考えながら摂取することが大切です。

●トコトリエノールの効果
こめ油に含まれるトコトリエノールは、抗酸化力がビタミンEの約50倍もあり、別名「スーパービタミンE」とも呼ばれています。そのため身体や肌の老化防止はもちろん、紫外線により発生し、体内の細胞を酸化させ、老化や病気の原因となる活性酵素を除去する働きもあるため、シミやシワ、生活習慣病の予防に効果的です。