オリーブオイルを飲んで便秘を解消することができるということで、大さじ1、2杯を目安に飲むという方法がありますが、オリーブオイルをそのまま飲むには抵抗があるという方に、簡単なオリーブオイルのレシピをご紹介します。これで無理なくオリーブオイルを摂取することができます。

オリーブオイルと便秘

地中海地方ではオリーブオイルは天然の下剤といわれるほど、便秘の時にも愛飲されていいます。これはオリーブオイルに含まれている成分が腸の運動を促したり、排便しやすい便の形成に関わり、腸内フローラを整える手助けをしているからです。また、腸の運動に関係する神経に働きかけたり、腸を温めるために血行よくしてくれたりと、便秘を解消するのに必要な成分を多く含んでいます。

不溶性ビタミンと身体を温める食品

オリーブオイルとともに摂ることで便秘解消をさらに効果的に行ってくれる食品は大きく分けると脂溶性ビタミンの多いものと、身体を温めてくれるものになります。脂溶性ビタミンとはビタミンA、D、E、Kになります。

具体的には、脂溶性ビタミンの多い食材と食品にはニンジン、小松菜、ほうれん草、トマト、キャベツ、白菜、マグロ、イワシ、サバ、サケ、シジミ、牛乳、バター、卵、大豆、落花生、納豆などに含まれています。

身体を温めてくれる食材、食品にはニンジン、玉ねぎ、ゴボウ、レンコン、ネギ、ニラ、ニンニク、山芋、フキ、こんにゃく、トウガラシなどがあります。

この2つの効果を持つ食品をレシピに加えることでより効果的に便秘を解消することができます。

便秘解消簡単レシピ

無理なくエキストラバージンオイルを生で摂取するために、簡単にできるレシピを3つご紹介します。

1つめはドレッシングです。イタリアでは塩とビネガーとオリーブオイルというシンプルな材料で作られ、日本でもマリネはこの3つの材料がメジャーですね。これを基本に、すりごまやシソの葉などを加えて自分好みのドレッシングを作れば、オリーブオイルとともに便秘を解消してくれる食材も摂れて一石二鳥です。オリーブオイルにバジル、松の実、ニンニクを加えたジェノベーゼソースもパンにつけたり、パスタに絡めたりと使い道がいろいろあります。

2つめはテレビ番組でも紹介された干し柿とオリーブオイルの組み合わせです。スライスした干し柿をオリーブオイル漬けにします。ヨーグルトやアイスに混ぜてデザートとして楽しめます。

3つめは万能タレです。大葉、ショウガ、ネギ、ニンニクといった薬味を刻み、オリーブオイル、しょうゆ、鰹節で味を調えて作ったタレは、ごはんにそのままかけてもおいしい万能タレになります。

忙しい時の簡単組み合わせ

料理をしている時間のない忙しい時には簡単な組み合わせでカバーしましょう。まず、レモンやオレンジはレモンの酸味が消化器官を刺激してオレンジの食物繊維が腸の運動を促してくれます。

果物でいうとバナナも食物繊維が豊富で消化器官に負担をかけることなくスムーズに排便できるように作用してくれる効果があります。膨満感やガスが溜まってしまうという不調を取り除く効果もあります。また、パイナップルに含まれている消化酵素が腸の運動を滑らかにしてくれます。

ヨーグルトは商品によって含まれている乳酸菌が違っているので、自分の腸内細菌にあったヨーグルトとオリーブオイルを一緒に摂ることで腸内フローラを整えてくれます。

コーヒーは利尿作用の他にも腸を刺激して排便を促してくれる効果があります。

このように食品をうまく利用して、便秘の解消に活かしてください。