オリーブオイルを使う時、ボトルから直接とフライパンや食材にかけて使う人がほとんどでしょう。
オリーブオイルのボトルはさまざまな形状のものが多く、使いやすい細身のものから、幅広な缶タイプまで様々なものがあります。

さらに、オリーブオイルを入れておく専用のデキャンターのようなものもありますし、使い方も様々です。

そんなオリーブオイルなのですが、もっと便利に進化していることをご存知でしょうか。
ここではオリーブオイルのスプレーについてを紹介しましょう。

オリーブオイルのクッキングスプレー

オリーブオイルのスプレーは、正式にはクッキングスプレーといって食用のオリーブオイルのスプレーをさします。ボトルではなく缶タイプとなっており、通常のスプレー缶のようにボタンを押すとシュッとオリーブオイルが出てきます。
気になるのはその製法ですが、オリーブオイルをスプレーにするために精製されているので品質も安心できます。

スプレーの中のオリーブオイルについて

スプレータイプのオリーブオイルなのですが、高品質エクストラヴァージンオリーブオイルが使われています。
コールドプレスという、オリーブオイルの品質を保つことができる搾油方法が用いられています。そのため、通常のエクストラヴァージンオイルに比べても、より品質が高いです。

また、このようなスプレータイプのオリーブオイルは酸化が大敵です。缶に詰められるまで、空気中に含まれる酸素に触れさせてはなりません。空気に触れず、非常にデリケートな方法で缶に封入されたオリーブオイルなため、とてもフレッシュな味わいとなるのです。

通常のボトルタイプの場合、蓋を開け閉めしているときに必ず酸素に触れます。それを繰り返していけば当然ですが味わいが最初に比べれば劣ってしまうのです。缶タイプでは、使用してもボトル内のオイルが空気に触れることはないため、味わいが劣化することはありません。
オリーブオイルをよく使用するなら、ぜひ持っていてほしいアイテムです。

オリーブオイルスプレーの使い方

オリーブオイルのスプレーどのように使うのでしょうか。
おすすめなのがパスタに使用する方法です。
ゆであがったパスタにキレイにオリーブオイルをかけるのは難しいものです。かけすぎてしまったり、偏ってしまったりするでしょう。
スプレータイプであれば、適量を全体にバランス良くかけることができます。また、サラダも同様です。炒め物でも、最後の香り付けなどに使いたい場合はとても便利ですのでおすすめです。

炒め物やカルパッチョには不向き

注意すべき点としては、炒め物の前にフライパンに入れたり、カルパッチョにオリーブオイルをかけたりするときなど、大量に使いたいときは不便です。
全てをこのスプレーでまかなうのではなく、通常のボトルタイプのものと用途に応じて使い分けるというのが、オリーブオイルの賢い使い方です。どちらにも利点がありますので、スプレータイプを手元に持っていると便利なことも多いでしょう。ぜひ、オリーブオイルのスプレー缶をゲットしてみてはいかがでしょうか。