ヘルシーで使い勝手の良いオイルとして一般的にも浸透してきたオリーブオイル、ストアやレストランなどでも数種類のオリーブオイルを取りそろえているところも増えてきました。ただ、残念なことに、市場に出回っているすべてのオイルが基準に達した品質を保っているかというと、そうではないのが現実です。最高品質のオリーブオイルを求める、世界中の味覚の肥えたシェフや食品業界の専門家たちのために、世界基準の高品質オリーブオイルのリストが存在することをご存じでしょうか。

オリーブオイルの国際コンテスト

毎年4月、ニューヨーク州で開かれるオリーブオイルコンテストNYIOOC (New York International OlieveOil Competition)では,オリーブオイルの専門家であるオリーブオイル鑑定士たちが世界中から集められたエクストラヴァージンオリーブオイルをティスティングし、世界一のオリーブオイルを評価・判定します。この世界最大級のオリーブオイルのイベントはオリーブオイルの情報をWEB発信しているOlieve Oil Timesの主催によるもので、このコンテストで受賞したオリーブオイルは世界各国から注目され、脚光を浴びることになります。エクストラヴァージンオリーブオイルの生産に関わる人々にとって最も重要なコンテストともいえるでしょう。

返り咲いたイタリアのオリーブオイル

前年の不作からリベンジを果たしたイタリアのオリーブオイル、2016年のコンテストではイタリアの生産者が109もの賞を受賞し、世界中から集まった26カ国もの参加国の中でトップとなりました。イタリアに続いてはスペインが78個、アメリカがそれに続いて50の賞を受賞しましたが、イタリアの快挙は注目すべきものといえるでしょう。2014年から2年続けてバクテリアによる被害に見舞われたイタリアのオリーブ、壊滅的な被害をこうむったオリーブオイル生産者は40農家にも昇り、ほとんどのイタリアのオリーブオイル業者たちは、オイル生産をあきらめざるを得ませんでした。
この壊滅的な不作から、2015年のイタリアからのエントリーは141エントリーだった前の年に比べて100エントリーにまで落ち込みましたが、2016年には200ものオリーブオイルブランドがその質を競う為に名乗りをあげ、その中の半分以上ものブランドが賞をとりました。最優秀賞をとったイタリアのオリーブオイルブランドは6つ、中でもコッレ・デル・ジャ‐キ(Colle del Giachi)のエクストラヴァージンオリーブオイル「D.O.P キャンティ・クラシコ」は収穫量が限られたキャンティの高い丘の上で育ったオリーブで作られた最高品質のオイルです。そのオイルは風味と味のバランスが抜群に良く、是非生のままでいただきたい逸品となっています。

2017年のオリーブオイルコンテストの結果

世界で最大級の国際的なオリーブオイルコンテストであるこのNYIOOC、5回目となる2017年は4/24~27日に開かれています。世界26カ国から800以上ものエントリーがあり、それぞれ自慢のオリーブオイルがオリーブオイル鑑定士たちに評価を受けます。発表は最終日の27日になりますが、世界中のシェフやバイヤーたちがその行方を心待ちにしているに違いありません。