スペインでのオリーブオイルの歴史は古く、スペインでバルにいくと必ずと言っていいほど見かけるのがオリーブオイルです。その生産量は世界一の年間750万トンを誇り、世界のオリーブオイルの40%はスペインで生産されていると言われています。

オリーブオイルの品質を守るオリーブの生産国スペイン

世界最大の産地として名高いオリーブの国スペインですが、驚くのはその生産量に関わらず、品質が今も昔も全く変わらないということです。スペインは、品質を保証する原産地呼称制度(DO)を最初に確立した国として知られており、現在登録されているDOの適用地域は6か所あります。まずスペイン北部のカタロニア地方のシウラナとレス・ガリゲスではアルベキナ種が主に栽培されています。心地の良い苦みとアーモンドの風味が特徴です。南部にくだってアンダルシア地方のシエラ・デ・セグラ、シエラ・マヒナ、プリエゴ・デ・コルドバ、バエナの各地ではピクアル種とオヒブランカ種が栽培されています。こちらはトロピカルフルーツのフレッシュな香りを感じることが出来ます。

おすすめのスペイン産オリーブオイル

●ウニオ

産地…スペイン カタルーニャ地方 シウラナ(DO地区)

見た目…透明で明るい

色み…ゴールデンイエロー

芳香…熟成したフルーティで豊かな香り。

味…フルーティなオリーブの実の風味。

主な使い方…サラダ、野菜料理、焼き肉、焼き魚、スープ、シチューにふりかけて。

特徴…はっきりとした個性があり、オリーブの実の良い風味のあるオイルです。

●オレアストゥルム

産地…スペイン カタルーニャ地方

見た目…透明で明るい

色み…グリーンがかったゴールド

芳香…草っぽい苦味を感じる香り。

味…苦味があるが、程よい重さの風味。

主な使い方…料理全般、サラダドレッシング。

特徴…風味が口の中で広がる、非常にバランスの良いオイルです。

●ムエロリーバ

産地…スペイン アンダルシア地方 コルドバ

見た目…透明で明るい

色み…ゴールド

芳香…トロピカルフルーツのような甘く。フルーティな香り。

味…豊かで甘くフルーティ、バナナを思わせるような風味。

主な使い方…野菜サラダ、肉や野菜や魚料理にふりかけて。

特徴…風味が主張しすぎることのない、あっさりした印象のオイル。上質の出来で、あっさりと料理全般に合うため、一本常備しておくと非常に役立ちます。

※このオイルは価格も非常に魅力的なものとなっており、500mlで約700円程です。ムエロリーバ社はコルドバ地域を代表する老舗のオイルメーカーで2500以上のオリーブ農家から集荷されたオイルを使用しています。

●カルボネール

産地…スペイン アンダルシア地方 コルドバ

見た目…透明で明るい

色み…イエロー

芳香…焙煎したてのコーヒーのような豊かで深みのある香り。

味…豊かで深みがあり、トロピカルフルーツのようなフレッシュな風味があります。

主な使い方…料理やサラダの仕上げにふりかけて。

特徴…カルボネールは常にその品質の高さを誇っている上質なスペイン産のブレンドオイルです。風味が強く、料理のスパイスとして最適です。

最高級のスペインのオリーブオイルは非常に華やかです。260種もの品種を栽培しているスペイン、その品種一つ一つは特徴的な味わいと香りを持っています。オリーブオイルの生まれ故郷であるスペインの歴史を、オリーブオイルから感じ取れるのではないでしょうか。