オリーブオイルは、肌に良いといわれています。多くの方は、こんな噂を聞くことが増えたかもしれません。確かに、オリーブオイルは健康効果が高いといわれていますし、今後も注目される食品のひとつであることは間違いはありません。

しかし、肌に塗るとなると話しは別であり、化粧品として使うと問題がありそうなイメージでもあります。

さて、そんなオリーブオイルなのですが、本当に純粋で高品質なものであれば、肌に塗っても良いといわれているのです。一体、オリーブオイルを肌に塗るとはどういったことなのか。今回、オリーブオイルを肌に塗るということについてを紹介していきましょう。

オリーブオイルと肌との相性

オリーブオイルは、不飽和脂肪酸のひとつであるオレイン酸が豊富に含まれているオイルとして知られています。

特に品質の高いものだと、その脂肪酸の中にオレイン酸が8割も含まれているいるものもあるといわれています。

人間の肌には、細胞間脂質というものがあり、ここに何とそのオレイン酸が含まれていることが分かっています。肌に含まれている脂肪酸が入っているため、結果的に肌には馴染みやすいと考えられているのです。

美容用のオリーブオイルとは?

美容用のオリーブオイルですが、そのまま使ってしまっても問題は無いのでしょうか。まず、注意しなければならないのが、食用と美容用のオリーブオイルの使い分けです。

オリーブオイルは、何もせずにいきなり絞り立てで食卓に並ぶことはあまりありません。本当に品質の高い、最高級のものであれば畑自体がビオロジック認定されていたり、そういった安全性に特化しているので良いかもしれません。

しかし、凄く少ない量で数千円もするので美容用として使うのは、少し違うかもしれません。一方、食用で扱われる安価なオリーブオイルはブレンドされていることも多く、精油もされているので、肌に塗るために造られていません。

そのため、そういったオリーブオイルと直接肌に塗るとトラブルを起こす可能性があるので、絶対に注意してください。ポイントとしては、オリーブオイルを美容用に造っているもの。こういったものをチョイスすることが、肌に塗って安全なものと考えられます。

使うべきオリーブオイル

では、どんなオリーブオイルであれば肌に塗ってよいのか。高品質とはいっても、さまざまなものがあり、釈然としない方がほとんどでしょう。ずばり、それはエクストラヴァージンオイルなのですが、ここで注目したいのが酸度です。

酸度が高過ぎるものだと肌に悪影響を与えてしまう可能性があります。酸度が低いものであれば、肌への刺激が少ないので安心して利用することができます。オリーブオイルは、空気中の酸素に触れると酸化をはじめます。

そのため、食用のように毎日空気に触れているようなものの場合、酸度が高くなってしまうのです。それだけは、絶対的に注意しなければなりません。

オリーブオイルは使い過ぎも危険

もちろん、素晴らしい品質のオリーブオイルだからといって、やたら無闇に使うのは危険です。また、ケチケチと使い続けるのも注意です。

少しでも空気に触れると、品質低下の恐れがあるため、美容効果を期待して利用するのであれば、早めに使い切ることをおすすめします。オリーブオイルを肌に塗るためには、ある程度守るべきことがあります。ぜひ、参考にしてみてください。