和食を多く作る場合、揃えている調味料も和食向きの調味料が主なものになり、あまり洋食の調味料へのこだわりが薄い人もいるかもしれません。

しかし、近年の日本の食文化は和洋中からエスニックまで様々な国の料理を食べることができます。そのため、毎日違う国の料理を楽しんでいるという方もいるはずです。

以前に比べ様々な調味料が見られるようになりましたが、まだあまり知られていない調味料もあります。調ここではオリーブオイルスプレッドを紹介します。

オリーブオイルスプレッドとは

オリーブオイルスプレッドとは、高品質のエキストラバージンオリーブオイルをペースト状に凝固し、味や香りはオリーブオイルそのままにしたスプレッドです。
スプレッドにすることにより、マーガリンやバター等の代用としても使用することができます。

正式なオリーブオイルスプレッドとして販売されているものは、厳しい基準をクリアしているものだけです。

規準を満たしたオリーブオイルスプレッドは、エキストラバージンオリーブを贅沢に使っており、新鮮な状態のままで固形にしているために、鮮度が長く保てるのです。また、液体状のオイルだと使い過ぎてしまう可能性もありますが、スプレッドはペースト状になっているので、細かい分量の調節も可能です。バターの代わりにも使いやすく、パンにつけて焼くだけでも味わいが変わります。

オリーブオイルスプレッドの良さとは?

オリーブオイルスプレッドの利点は、液体のオリーブオイルに比べて鮮度が長期間保てることです。オリーブオイルは他のオイルに比べ酸化しにくいですが、オイル紫外線に弱く、空気に触れると酸化ししてしまいます。
スプレッド化する際に空気に触れないようにするため、液体のオリーブオイルよりも新鮮さが長続きします。

マーガリンには摂取すると人体に危険があるとされるトランス脂肪酸が含まれていますが、オリーブオイルスプレッドはマーガリンとは異なる製法で製造されているため、トランス脂肪酸を一切含んでいません。
コレステロール値もゼロなので、様々なお料理やお菓子作りの安全な原料として使用できます。また、手軽に使えるので、料理の幅も広がることは間違いありません。

さまざまな味わいが楽しめる

オリーブオイルスプレッドの最大の利点としては、固形にしてしまうので、味わいが多種多様に楽しめることです。たとえば、バジルを練り込んであるものやガーリック、レモンなど多種多様な味わいを楽しむことができるのです。つまり、オリーブオイルスプレッドを使っただけで、炒め物であったりパスタが美味しくなります。ポトフなどの隠し味としても使いやすいですし、持っておくといい調味料です。

暗所において保存

オリーブオイルスプレッドは液体のオリーブオイルに比べ保存がききますが、高温多湿な場所、強い日差しが当たる場所での保管は厳禁です。できるだけ暗所で湿気の少ない場所で保存するようにしましょう。新鮮なものを購入してから食べきるまで、ずっと長持ちさせるのも生活の知恵でもあるのです。