オリーブオイルは料理に使うだけではなく、美容にも効果が期待できます。料理とともに身体の中に取り入れることで期待できる効果のほかに直接肌に塗って使うことができます。身近なオリーブオイルを使った美肌効果についてご紹介します。

オリーブオイルの栄養成分

オリーブオイルにはオレイン酸やリノール酸などの脂肪酸、ビタミンEやビタミンAなどのビタミン、さらにミネラルやポリフェノールなど多くお栄養が含まれています。それぞれの成分がお肌に与える効果をご紹介していきます。

オレイン酸、リノール酸の効果

オレイン酸は、人の皮脂を構成する成分とよく似ています。そのため、オリーブオイルは肌にとてもなじみやすく、多くの肌トラブルの原因になりうる乾燥からお肌を保護する効果があるといわれています。オレイン酸には保湿効果が期待できます。
また、リノール酸には水分を保有すり力があるため、オレイン酸とリノールさんを含むオリーブオイルを使うことで水分を保有してその水分を逃がさない効果が期待できます。
オレイン酸は腸の内部を刺激して腸が収縮して便を運ぶぜん動運動を促す効果があり、悪玉コレステロール値を下げる働きから便秘解消にも良いとされることから美肌と深い関係がある腸のお掃除にも効果的です。オレイン酸の他にもオリーブオイルには不溶性食物繊維が豊富に含まれるため、腸のデトックス効果も抜群で美肌と強いつながりがある腸にもうれしい働きをしてくれます。

ビタミンE、ビタミンAの効果

ビタミンEには肌を保護する効果が期待できます。また、ビタミンAには年齢を重ねるごとに失われがちな肌のハリや弾力を保つことができるため、若々しい肌を保ってくれると言います。
また赤ワインなどに多く含まれるポリフェノールも豊富に含まれており、ビタミン類とともに抗酸化力がとても高く、肌を衰えさせる活性酸素を取り除く効果があります。アンチエイジングが期待できるというわけです。

オイルマッサージにオリーブオイルを使う

オリーブオイルを使ってオイルマッサージをすることでしっとりとした肌が手に入ります。オイルを付けることで指も滑りやすく、マッサージの効率も良くなります。
エクストラバージンオリーブオイルにお好みのエッセンシャルオイルを数滴たらして顔や腕、かかとなどの乾燥が気になる部分を優しくマッサージします。エッセンシャルオイルの効果で香りの癒し効果もあります。エッセンシャルオイルは直接肌についても問題のないものを使いましょう。
マッサージが終わったあとべたつきが気になる場合は蒸しタオルで拭き取ります。気にならなければそのままにしておくことで保湿効果が得られます。
乾燥が気になる季節はオイルを塗った上から蒸しタオルを乗せて冷めるまで置くことで天然のオイルパックになります。

メイク落としにオリーブオイルを使う

オリーブオイルには皮脂に近い成分が含まれるため肌に触れても安全で、しかもメイクや余計な皮脂だけではなく、毛穴に詰まった汚れを浮き上がらせ、ザラつきを流す働きがあります。
こうしてしっかり汚れを落とした肌は化粧水や美容液の馴染みがよくなり、肌がワントーン明るくなる効果もあります。強くこすったりしては逆効果ですので優しく撫で利用に落としましょう。メイクにしっかりなじませて汚れが浮いてきたところでぬるま湯などで洗い流してください。

オリーブオイルの成分には便秘を解消するのに有効な成分が含まれています。そこでこれからオリーブオイルを試してみようと思われている方、飲むタイミングはご存知でしょうか。食事で摂るのか、食事とは別に何か特別な飲み方があるのか気になりますよね。間違った飲み方をしてしまうと、逆効果になってしまうこともあります。ここでしっかりと確認していきましょう。

なぜオリーブオイルが便秘に効くのか

まず、なぜオリーブオイルが便秘に効くのか、ここを知っておくと飲むタイミングをつかみやすいと思います。
オリーブオイルには便秘解消に有効な主な成分としてオレイン酸、ビタミンE、不溶性食物繊維が含まれています。まずオレイン酸ですが、胃にとどまる時間が短く小腸で消化吸収されにくい性質があります。消化吸収されにくいということはそれだけ長く小腸にとどまり、腸を刺激して蠕動運動という排便に必要な腸の運動を促します。また、消化吸収されにくいのでそのまま腸内を老廃物と一緒に移動していきます。この時に潤滑油として便の通りをスムーズにしてくれます。
次にビタミンEです。ビタミンEは交感神経に働きかけて排便を促してくれます。腸が冷たいと腸の動きが悪くなります。そこでビタミンEが毛細血管を広げることによって血行を良くして腸を温めてくれます。
最後に不溶性食物繊維ですが、この不溶性食物繊維は消化吸収されにくく便に必要な水分を蓄えてくれる働きがあります。また、腸内で発酵と分解が進むと腸内細菌を増やして、腸内フローラを整えてくれます。

飲むタイミングは朝と夜

オリーブオイルを飲むタイミングは朝と夜寝る前がおすすめです。なぜこの2つがおすすめかというと、朝は腸も起きだしてこれから動き出すというときです。その時にオリーブオイルをとることで腸運動を促し、排便を促す効果があります。それから、夜寝る前に摂ることによって寝ている間に腸内環境を整えて、朝起きたときにスッキリと排便する準備をしてくれます。
どちらか一方でも、両方でも、自分に合ったタイミングを見つけてください。ただし、摂りすぎはいけません。1日にエキストラバージンオイル1,2杯が適量です。

タイミングに合った飲み方

タイミングがわかれば次は飲み方です。これにはインターネットでも諸説記載されていますが、今回は2通り紹介いたしますので、タイミングとともにいろいろ試してみてください。
まずは、空腹の状態でオリーブオイルのみを飲むという方法で、これは空腹時に飲むことで脂質の消化吸収を担っている胆汁酸が分泌される前に腸までオリーブオイルを取り入れるためだそうです。2つめは、食事と一緒に摂るという方法で、脂質のみを取り入れるよりも胃に負担をかけにくいということだそうです。
どちらが自分に合っているか、体質等考慮して試してみてください。

飲むタイミングと食生活

せっかくタイミングもあって適量摂取していても、肝心の食生活が乱れていては効果が出ません。脂質の多い食事や間食、アルコールの摂りすぎは便秘の解消の妨げになります。野菜や果物から食物繊維を摂って、十分な水分も大事です。簡単なストレッチでもよいので身体を動かして腸を刺激し、便秘解消につなげましょう。