オリーブオイルを常日頃摂取されている方の中には、健康効果を期待しているという方も多いかもしれません。
オリーブオイルは料理に使用するほかに、とても上質なものであれば飲用としても売られていますし、健康効果なども多数報告されています。しかしながら、一体どんな健康効果があるのか、はっきりと分からない方も多いようです。
ここではオリーブオイルの健康効果について簡単に紹介します。

オリーブオイルの健康効果

オリーブオイルの健康効果についてはさまざまな報告があるため、一概に絶対に健康効果があるとは言い切れませんが、現段階で効果が期待されているというものに関して紹介します。

オリーブオイルは、抗酸化作用が期待されています。人間の体内にある脂肪は、酸化することにより活性酸素と結合してしまいます。この活性酸素は、心臓病などをはじめとしたさまざまな疾患を引き起こすリスクを高めてしまいます。赤ワインなどなどの抗酸化作用はよく知られており、注目されています。
オリーブオイルにはオレイン酸が含まれています。オレイン酸は脂肪酸の一種で、過酸化脂質を作りにくいという特徴をもっています。このオレイン酸が、脂肪の酸化を防ぐと期待されています。また、活性酸素を抑制するためには、ビタミンE、各種ポリフェノール類も重要といわれていますが、これらもオリーブオイルには含まれているのです。

オリーブオイルのコレステロールについて

オリーブオイルの健康効果の中で、最も期待されているのがコレステロールの低下作用です。
コレステロールは、過剰摂取し続けることにより糖尿病や動脈硬化、高血圧などの原因となります。悪玉コレステロールという言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、この悪玉コレステロールが増加してしまうことで、さまざまな疾患を引き起こす可能性があるのです。

オリーブオイルには、前述した通りオレイン酸が含まれています。このオレイン酸ですが、悪玉コレステロールを減少させる可能性が期待されています。スプーン1杯程度を毎日摂り続けることで、こういった効果が徐々に期待できるといわれています。

オリーブオイルの美容効果

オリーブオイルは、健康効果がそのまま美容効果にも繋がるといわれています。例えば、オレイン酸は小腸で吸収されにくいそうなので腸を活発に動かします。つまり、便秘などの症状を緩和する整腸作用の役割もあるわけです。
さらには、脳の視床下部に存在する満腹中枢を刺激する効果もあるため、ほど良い満腹感があると脳に指令を出し、暴飲暴食を防ぐ効果も期待されています。
直接的な効果としては、クロロフィルというオリーブオイルの色素成分に、デトックス作用があるといわれているので、吹き出物などの肌トラブルの緩和も期待されています。

オリーブオイルで健康効果は持続する

オリーブオイルは、健康効果が期待できると聞くと、急に1日にまる1本使ってしまうような方がいます。
しかし、一度に大量に摂取してしまえば体に悪影響がでる可能性があります。質の良いオリーブオイルを選び、スプーン1杯~3杯を定期的に飲み続けることが大切です。
日常にオリーブオイルを取り入れることこそが、オリーブオイルを使った健康維持に大切なのです。