オリーブオイルの成分は健康や美容、ダイエットにも効果があるとして日常的に使用されるようになってきました。食用として使用されているオリーブオイルですが、実は髪にも使用することができるそうです。食べ物を髪に使うのは少し抵抗があるかもしれませんが、オリーブオイルを髪に使用することでつやつやサラサラの美髪を手に入れることができるだけでなく、頭皮も清潔に保つことが出来るのです。今回はオリーブオイルの髪への有効成分について見ていきたいと思います。

頭皮への有効成分

オリーブオイルの主成分で脂肪酸の70%以上を占めているオレイン酸は、母乳や皮脂中にも約40%ほど含まれているので、オリーブオイルは皮脂にも馴染みやすいオイルです。皮脂の過剰分泌は頭皮や育毛にもよくありませんが、オレイン酸は頭皮に必要な水分が蒸発して乾燥するのを防ぎ、保湿する効果があります。

オリーブオイルで頭皮をマッサージすると、オレイン酸が皮脂に馴染んで頭皮や毛穴の汚れを浮き上がらせてくれて、スッキリと汚れを落としすことが出来ます。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は水で流れにくく、頭皮に必要な油分は残したまま汚れのみを取り出してくれます。

体内ではオレイン酸の抗酸化力によって過酸化脂質の生成を抑えて悪玉コレステロールを減少させる効果があり、血液をサラサラにしてくれます。血行が良くなると頭皮や髪にも栄養が行きわたりやすくなります。また、抗酸化作用は頭皮では、活性酸素の生成を抑えてお肌の老化を防止てくれる働きがあります。

オリーブオイルはビタミンEも含まれており、毛細血管を広げて血行を良くし、抜け毛予防に効果的です。オレイン酸の血液サラサラ効果と合わせて、栄養が頭皮へ運ばれるのを助けてくれます。ビタミンEにも強い抗酸化作用があります。活性酸素を抑制してくれるので白髪の予防になります。頭皮の新陳代謝を促し、若々しく透明感のある頭皮を作り出してくれます。

髪への効果

髪の外側はみなさんもご存知の通りキューティクルでできています。キューティクルは3層構造になっていて、この構造にはたんぱく質と脂肪酸が結合したF層という層があります。この脂肪酸の主な成分は頭皮と同じくオレイン酸でできています。

オリーブオイルのオレイン酸はこのキューティクルのF層に浸透することによって傷んだキューティクルの枝毛や抜け毛、パサつきを修復してくれる効果があります。オレイン酸は髪に必要な水分を保持し、潤いを保ってくれます。ビタミンEも髪に浸透し、保湿してくれる働きがあります。

オリーブオイルの選び方

オリーブオイルは美容用のものもありますが、食用に使っているオリーブオイルでも代用可能です。しかし、使用する際にはエキストラバージンオリーブオイルを使用することをおすすめします。オリーブオイルの中でも酸度が低いので髪に使用しても負担がかからず、髪に有効な栄養成分が豊富に含まれています。

オリーブオイルを使用する前には必ずパッチテストを行ってから使うようにしましょう。オリーブオイルの成分が強く、アレルギーや発疹が出てしまうことがあります。安心して使用できることを確認して、美しい髪を手に入れましょう。