オリーブオイルは身体によいという話はよく聞きますし、どの成分がどのように良いかといった具体的な内容まで分かっています。しかし、一部でオリーブオイルは身体に悪いといわれています。これは一体どういうことなのでしょうか。

オリーブオイルの搾油と精製

ニュースでとりだたされ話題にもなったイタリアのオリーブオイル偽造の事件ですが、どうやらオリーブオイルの製造過程で偽造や粗悪品が作られ日本で販売されていることから、オリーブオイルは身体に悪いと評価する声が上がっているようです。

本来ならオリーブオイルはオリーブの実から搾油されたフレッシュで安全なオイルです。搾油されたオリーブオイルは化学分析や官能検査を経て、エキストラバージンオリーブオイル、バージンオリーブオイル、オーディナリーバージンオリーブオイル、ランパンテオリーブオイルに分類されます。バージンオイル、エキストラバージンオイル、オーディナリーはそのまま食用として適していますが、ランパンテオリーブは精製された後、バージンオイルかエキストラバージンオイルと配合させることで食用になります。その配合比率に決まりはなく、ごく少量の配合でも食用として販売されています。日本のピュアオリーブオイルがこのランパンテを配合したオリーブオイルになります。

オリーブオイルの定義と基準

オリーブオイルは国際オリーブオイル理事会ではオリーブオイルを9つに分類しています。分類は酸度や過酸化物価、紫外線の吸収性から得られる数値などから細かく検査される化学分析と、人の感覚で行われる官能検査によって行われます。官能検査はオリーブオイルの欠陥の有無や香りや味について客観的に検査します。欠陥はオリーブオイルの劣化を指す複数の要素を指しており、劣化の臭いによって原因を判定することが出来ます。

バージンオリーブオイルはオリーブの実から機械的または物理的な工程のみで得られたオイルで、溶剤抽出したものを除く。オリーブの洗浄、デキャンティング、遠心分離、フィルターろ過以外の処理を行ってはいけない。エキストラバージンオリーブオイルは酸度0.8%以下で官能検査で欠陥の無いもの、バージンオリーブオイルは酸度2%以下という規定があります。

日本の規定

国際基準では細かく厳密に分類されているオリーブオイルですが、日本でのオリーブオイルはJAS規格によってオリーブ油と精製オリーブ油に2分類のみで、オリーブ油はオリーブ特有の香味を有し、おおむね清澄であること。酸価2.0以下であること。精製オリーブ油はおおむね清澄で香味良好であること。酸価は0.6以下であることという国際基準とは違ったものになっています。

つまり、エキストラバージンオリーブオイルと表示してあっても、国際基準でいうところのバージンオリーブオイルやランパンテオリーブオイルを精製したものかもしれないということです。

搾油の裏側

オリーブオイルはオリーブがある程度収穫できてからいっぺんに搾油されるため、中には古くなったり傷んだオリーブも混ざっているそうです。また、化学的な処理をしたり、加熱処理をしてしまっているものあるそうです。このように私たち消費者から見えないところで質の悪いオリーブオイルが作られ輸入されてきているのです。

腐ったオリーブを搾油したり化学処理をしてしまったらトランス脂肪酸や有害な物質が含まれてしまいますので、身体に悪いといわれるのもうなずけます。購入する際には表示をしっかり確認し、注意しなくてはいけませんね。