オリーブオイルの成分は健康や美容によいとされてオイルをそのまま飲んだり、ヨーグルトやサラダにかけて食べていらっしゃる方も多いかと思います。オリーブオイルはオリーブを絞っただけのフレッシュなオイルなので加熱をしてしまうと効果が薄れたり、無くなってしまうようなイメージがあります。実際のところ、オリーブオイルの成分は加熱するとどうなってしまうのでしょうか。

オリーブオイルのオレイン酸

オリーブオイルの70%以上はオレイン酸と呼ばれる一価不飽和脂肪酸が占めています。オレイン酸には抗酸化作用があり、酸化されにくく、熱に強い性質を持っています。抗酸化作用によって過酸化脂質の生成を抑制して悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。悪玉コレステロールが減ることによって血液がサラサラになり、動脈硬化や脳梗塞といった疾患の予防ができます。食事から摂取されたオレイン酸は吸収されにくい性質を持っており、老廃物に混ざり腸の中を通りやすくしてくれると同時に便に必要な水分を保ち、腸壁の細胞が傷つくのを防いでくれます。腸を刺激し腸内運動を促したり、視床下部の満腹中枢に作用して食事の量を調節してくれる働きもあります。

オリーブオイルのビタミン類

オリーブオイルはビタミンEやビタミンA、β-カロチンといったビタミン類やヒドロキシチロソール、オレウロペイン、オレオカンタールといったフェノール類も豊富に含んでいます。ビタミン類は抗酸化作用や、熱に強い性質を持っており、抗酸化作用によって活性酸素の生成を抑制し、細胞の老化を防いでくれます。末梢血管を広げて血行を良くしてくれる働きもあります。

オリーブオイルのフェノール類

オリーブオイルにはオリーブの実に含まれているフェノール類もそのまま含まれています。オリーブオイルをそのまま食べ、口の中や喉を通るときに感じるピリッとした刺激はこのフェノール類の苦味や辛味成分によるもので、刺激の度合いに差はありますが、新鮮で質の良い証拠です。フェノール類にも抗酸作用があります。

オリーブオイルのフェノール類にはヒドロキシチロソール、オレウロペイン、オレオカンタールなどがあります。ヒドロキシチロソールは肌のメラニン色素の生成を抑えてくれる働きがあり、美容に効果的です。オレウロペインは抗菌作用や抗ウイルス作用があり、免疫力を強化してくれます。オレオカンタールはアルツハイマーの原因となるβアミロイドを減少させる効果があります。

加熱に適したオリーブオイル

オリーブオイルには質に応じていくつかの種類に分かれています。その中でも高品質の証であるエキストラバージンオリーブオイルは抗酸化作用が高く加熱に強いオリーブオイルです。日本でのエキストラバージンオリーブオイルは国際基準に満たないものがありますので、表示を確認して国際基準をパスしたエキストラバージンオリーブオイルを使用しましょう。

オリーブオイルを加熱して使う際に注意しなくてはならないのが、加熱したときに煙が出ないような温度をキープするということです。煙が出るくらいの高温になってしまうと身体に有害な物質が出てきてしまうからです。

オリーブオイルは正しく加熱調理すれば、栄養効果を損なうことなく摂取することができ、炒め物や揚げ物にも使えるヘルシーでおいしいオイルです。