オリーブオイルが便秘解消に良いといわれていますが、思いつたらいつでも摂取して良いということではないようです。いったいどのタイミングで飲めば有効的なのかご紹介します。

便秘解消に有効な成分

オリーブオイルはオレイン酸という一価不飽和脂肪酸が70%以上含まれており、主成分となっています。このオレイン酸は悪玉コレステロールを減少させたり、抗酸化作用でけ血液をサラサラにし、動脈硬化や心筋梗塞といった生活習慣病の予防もしてくれます。

もちろん便秘にも有効です。オレイン酸は小腸で消化吸収されにくく、大腸まで届きます。その際、腸を刺激して蠕動運動という腸内の運動を活発にしてくれます。また、潤滑油として腸管内を老廃物がスムーズに進むのを助けてくれます。

オリーブオイルにはビタミン類も多く含まれており、その中でもビタミンEは自律神経を整えて排便コントロールを促してくれます。その他、毛細血管を広げ血行をよくして腸を温める働きもあります。

不溶性食物繊維も含まれていますので、腸内で発酵し分化されることでビフィズス菌などのお腹に良い細菌を増やし、腸内フローラを整えてくれます。

効果的な時間は

オリーブオイルを摂るタイミングは諸説あり、空腹時が良いというのもあれば食事と一緒に摂った方が良いという意見もあります。空腹時に摂った方が良いという理由は、脂質の消化吸収に関係している胆汁が出るまでに小腸を通過してしまい、大腸により多くオリーブオイルを届かせることができるというメリットがあるからだそうです。また、食事と一緒に摂った方が良いというのは、オリーブオイルもれっきとした脂質です。脂質によって胃や腸に負担をかけないためにも、食事と一緒に摂った方が良いということだそうです。どちらが良いかは、ご自身の体質に合わせて試してみてください。

朝は身体や腸も目覚めて活発になり始め、お腹も空っぽの空腹状態です。このタイミングでオリーブオイルを摂るというのが1つ目のタイミングです。この際、オリーブオイルだけ摂るのではなく、食事もとることで小腸から身体に必要な栄養素もしっかりと吸収することができます。食事は腸を動かすための便にもなりますので、摂ることをおすすめします。

次は夜寝る前です。寝る前に油分をとるのはカロリーや胃もたれが気になるかもしれませんが、大量に摂取するわけではありません。寝る前にオリーブオイルを摂ることによって、寝ている間に腸内環境を整えて翌朝にはすっきりときれいな腸になるように作用してくれます。

効果的な摂り方

オリーブオイルをそのまま飲むよりも便秘解消に効果的な飲み方があります。それはニンジンやキャベツ、カツオやサバ、大豆や落花生といった脂溶性ビタミンを多く含む食品と、ゴボウ、レンコン、ねぎ、ニンニク、こんにゃく、山芋といった身体を温める食品と一緒に摂るということです。例えば玉ねぎとカツオのマリネにオリーブオイルをたらしたり、根菜の味噌汁にオリーブオイルを混ぜるといった方法ですと、無理なく一緒に摂ることができます。

タイミングが大切

オリーブオイルはお薬ではありません。飲み忘れたからといって神経質になってストレスを溜めてしまうと逆効果になってしまいます。また、効果が出るまでの期間にも個人差があるので、効かないからといって摂りすぎは禁物です。飲むタイミングも時間や摂り方をいろいろと試して自分に合ったタイミングを見つけてみてください。