オリーブオイルは身体によいと評判になっていますが、特に注目されているのはオリーブオイルの主成分でるオレイン酸です。他の植物油に比べオリーブオイルは70%以上がオレイン酸でできており、このオレイン酸が健康やダイエット、美容に有効だとされています。オレイン酸の働きにはにはどのような効果があるのでしょうか。

コレステロールの低下

オリーブオイルの70%以上はオレイン酸という一価不飽和脂肪酸でできています。一価不飽和脂肪酸とは酸素と結合する部分が1か所あるという意味で、酸化しにくいということにもなり、抗酸化作用もあります。抗酸化作用より、細胞の老化を防ぎ、ガンなどの重篤な病気の予防になります。

コレステロールには善玉と悪玉がありますが、オレイン酸は善玉コレステロールを下げることなく悪玉コレステロールを減少させる効果があります。これによって血液がサラサラになり、動脈硬化や脳梗塞の予防になります。また、糖代謝の働きを促す効果もあり、血糖値の上昇を抑えてくれます。

整腸作用

地中海地域ではオリーブオイルは天然の便秘薬として使用されています。それはオレイン酸が腸を刺激することによって蠕動運動という動きが活発になり、排便を促し、便の滑りもよくしてくれるからです。また、オリーブオイルには不溶性食物繊維も含まれており、この不溶性食物繊維が腸で発酵して分解されると腸内細菌の餌になります。このおかげで腸内フローラも整えることができます。便秘解消にはスプーン1杯のエキストラバージンオリーブオイルを飲むと良いとされています。

美容効果

オレイン酸は人の肌に馴染みやすい性質をもっています。スキンケアを行うことによってお肌のかさつきや肌荒れを防ぎ、保湿効果もあります。クレンジングに使用すると毛穴の黒ずみをきれいに落としすことができます。抗酸化作用によってシミを予防して老化を防いでくれます。また、オリーブオイルのビタミンやポリフェノールがオレイン酸と合わさって老化防止や保湿効果をUPさせます。髪にも使用すると傷んだキューティクルを補修してつやつやでサラサラの髪にしてくれます。

お肌に使用する際には、ニキビのある部分への使用は避けましょう。オリーブオイルの成分はニキビの原因となるアクネ菌の餌になってしまうからです。せっかくのスキンケアが台無しになってしまいます。使用後にもしっかり拭きとり、ニキビにならないようにしましょう。

ダイエットにも効果的

オイルなのにダイエットと思われるかもしれませんが、オレイン酸は脳の視床下部という満腹中枢のあるところを刺激して食欲を抑えてくれる働きがあります。決められた量のオリーブオイルを食事の1時間前に摂取することによって、満腹中枢を刺激して食事の量を減らすことが出来るということです。もちろん食事内容にも気をつけなくてはいけませんが、ダイエットにも効果があります。

オリーブオイル選び

オリーブオイルにもいくつか種類があります。その中でも効果のあるのは、オリーブオイルの中でも最高品質であるエキストラバージンオイルです。エキストラバージンオリーブオイルは有効成分を多く含み抗酸化力も優れています。表示ラベルを確認し、酸度が0.8%以下のオイルを目安に選んでみてください。