オリーブオイルをテイスティングするときにパンに浸して食べたりと、パンはオリーブオイルとの関わりが深くあります。オリーブオイルをおいしく楽しむことができるパンやオリーブオイルを使ったパンレシピをご紹介します。

オリーブオイルと相性がよいパンとは

パンとひとことで言っても食パンやバターロール、バゲットからクロワッサンまでたくさんの種類があります。日頃何気なく食べていますが実はパンは大きく分けて2つの種類に分けることができます。

1つ目は「リッチ」なパンで、このパンはその名の通り生地にバターや牛乳、卵や砂糖などのコクを高める材料が使われています。日本でよく食べられる食パンをはじめ、ブリオッシュやバターロールは生地にバターを練り込み、クロワッサンはベースのリッチな生地にさらにバターを折り込んだリッチパンの代表です。

もうひとつは「リーン」なパンです。リーンとは直訳すると「乏しい」という意味を持っている「リッチ」の対義語です。その名の通り、小麦粉と塩、水(ぬるま湯)とイースト(酵母)などのシンプルなパンを作る最低限の配合で作られるパンのことを言います。バゲットやフランスパン、イングリッシュマフィンなどがこれに当たります。

基本的にパンとオリーブオイルの相性は抜群ですがよりオリーブオイルの風味と味を楽しむならリーンなパンと合わせるのがおすすめです。リッチなパンはバターや乳の風味が際立ちそれだけでおいしいパンに仕上げてあるのでせっかくのオリーブの風味が感じずらくなってしまいます。

オリーブオイルとパン粉

揚げ物に使われるパン粉もオリーブオイルと相性がいいパンの一種です。フライを作るときにオリーブオイルを使って揚げれば爽やかな香りでカラッとしたフライが出来上がります。

また、揚げ物のほかにもパン粉にオリーブオイルをまぶして魚に振りかけてオーブンで焼けば、パン粉の水分がしっかりとんでカリッと仕上がり、オイルの香りも楽しむことができます。

この応用でオリーブオイルをまぶしてフライパンでカラッと炒めたパン粉をサラダのトッピングにすればサラダのアクセントになります。同じようにクルトンを作るときにバターのほかにオリーブオイルを使うことでワンランク上の香りのよいクルトンが出来上がります。

オリーブオイルが欠かせないフォカッチャ

イタリアで愛されているパンにフォカッチャがあります。フォカッチャは強力粉、塩、水、イーストにオリーブオイルを加えてこねた生地を平らに延ばして指で穴を開け、焼く前に塩とたっぷりのオリーブオイルをかけて焼いて作ります。食べるときはハムやチーズを挟んでサンドイッチにしたり、カットしてエクストラバージンオリーブオイルを付けて食べる、まさにオリーブオイルが欠かせないパンなのです。

イタリアでは一般的なパンで、地方によっては家族や親せきの集まり普段料理をしない父親が焼くこともあるそうです。メインの料理のパンとしてやつまみとしても出され、シンプルな味わいのため、焼く前にかけるオイルとつけて食べるオイルがおいしさのポイントになります。出来る限り品質の良いエクストラバージンオリーブオイルを用意しましょう。