オリーブオイルが大好きという人は多いと思います。しかし、一般的な家庭であればオリーブオイルとサラダ油の両方を利用しており、料理やシーンに応じて使い分けていることでしょう。
また、ドレッシングなども日本では市販の美味しいものが多くあるため、オリーブオイルは、パスタなどを食べる時くらいしか登場しないという家庭もありそうです。
オリーブオイルとサラダ油では、オリーブオイルの方が健康効果があるといわれています。では、オリーブオイルとサラダ油は、具体的にどのような部分に違いがあるのでしょうか。オリーブオイルとサラダ油の違いについて、簡単に比較説明をしていきます。

オリーブオイルとサラダ油の香りの違い

炒め物をする時にはオリーブオイルではなく、サラダ油という人もいると思います。ただ肉や野菜を炒めるときであれば、別に無理をしてオリーブオイルを使用する必要はありません。とはいえ、オリーブオイルをサラダ油の代用品として使っても問題はありませんし、味わいが劣化することもありません。揚げ物であれば、むしろサッパリとでき上がることもあるくらいです。
オリーブオイルとサラダ油の大きな違いの1つは香りです。オリーブオイルはオリーブの実を搾ってできたオイルです。そのため、オリーブの良い香りが残っています。それが料理の美味しさを際立たせることもありますが、料理にオリーブの香りをつけたくない場合は、サラダ油を使用した方が良いでしょう。

オリーブオイルとサラダ油の栄養価

サラダ油とオリーブオイルの違いについて、多くの人の関心があるとすれば栄養価の違いでしょう。
オリーブオイルの場合、エクストラヴァージンオイルのような高品質のものになると、違う種類のオリーブを混ぜ合わせることなく、余計な加工をせずにオイルとして精製します。つまり、オレイン酸やビタミン類、ポリフェノール、オーレユーロペンなどさまざまな成分が壊れずにそのまま残っていることになります。
一方、サラダ油というものはブレンドされたものです。菜種油や大豆油などが交ぜられているため、あまり栄養価が高いものでもありません。また、オリーブオイルの場合は食材の表面に栄養価が留まるので、より健康効果が期待できるのはオリーブオイルといえます。

オリーブオイルとサラダ油のカロリーの違い

サラダ油とオリーブオイルでは、健康効果が高いオリーブオイルの方が健康的だといわれています。血糖値の上昇を抑えるなどさまざまなダイエット効果が期待できるのはオリーブオイルですが、基本的なカロリーはサラダ油とあまり変わらないのです。オリーブオイルなら沢山使っても太ることは無い、ということではないので注意をしてください。

高品質なものは高い

サラダ油も高品質なものですと、それなりの価格となります。しかし、オリーブオイルも品質の良くないブレンド品が出回っています。その時々のシーンや目的によって使い分け、あまり神経質にならずにオリーブオイルとサラダ油を利用してくことをおすすめしています。
エクストラバージンオリーブオイルとピュアオイルの違いは知っていても、日頃何気なく使っている使っているエクストラバージンオリーブオイルに味によって分けられたいくつかのタイプがあるのをご存知でしょうか。そんなエクストラバージンオリーブオイルのタイプについてご紹介します。味の特徴を知ることで料理への使い分けもしやすくなります。

オリーブオイルの味や苦みについて

エクストラバージンオリーブオイルはドレッシングにしたり料理の仕上げにかけて使うことが多いため、オイルそのものの味を知らない方も多いでしょう。しかしエクストラバージンオリーブオイルにはポリフェノール類などの抗酸化物質の影響を受けて「辛味」や「苦み」があります。
これらはオレオカンタール、オレウロペインという物質で特にオレオカンタールは炎症や発熱をもたらすCOX2を鎮める働きがあると言われ、初期の日焼けなどにエクストラバージンオリーブオイルを塗ることでやけどが軽減されます。また、発がん細胞を死滅させる効果があるともいわれ注目されています。
オイルに含まれるオレオカンタール、オレウロペインの量が多ければ多いほど、「辛み」や「苦み」が強く感じられる、ということになります。苦みや辛味の違いはオリーブの品種や、収穫時期、生産地、搾油方法などが影響してきます。

エキストラバージンオリーブオイルは「辛み」や「苦み」などの味で「ストロングタイプ(スパイシータイプ)」、「マイルドタイプ(デリケートタイプ)」、「ミディアムタイプ」に分けられます。それぞれ詳しく説明していきます。

ストロングタイプのオリーブオイル

スパイシータイプとも呼ばれるストロングタイプは抗酸化成分(老化や病気の原因となる活性酸素を取り除く物質)であるポリフェノールの含有量が多く含まれるため強いボディ感があり、スパイシーな味わいが特徴です。早い段階で収穫したオリーブから作られるエクストラバージンオリーブオイルはスパイシーなものが多いと言われています。
産地で言えばイタリアの中部から南部で収穫されたオリーブはスパイシーで力強いものが多いようです。
焦げ目が付くようなステーキやトースト、香りの強い香草やゴルゴンゾーラチーズ、ビーフシチューなど味や風味が濃い料理にストロングタイプを使うことで料理の香りに負けず、オリーブオイルの良い部分を生かすことができます。

マイルドタイプのオリーブオイル

マイルドタイプはほかにデリケートタイプやスイートタイプなどと呼ばれ、強いクセがなく、使いやすく食べやすいのが特徴です。ストロングタイプとは対照的にイタリアの北部で作られるオイルはマイルドでデリケートなものが多く、繊細でエレガントな味わいです。
魚料理やふかしたじゃがいもにかけたりサラダのドレッシングなど素材の味わいを大切にしたいデリケートな味を楽しむのに向いています。豆腐サラダや蒸した鶏肉など和風な料理にも使いやすいタイプです。

ミディムタイプのオリーブオイル

ストロングとマイルド中間がミディアムタイプです。辛味、苦みなどのエクストラバージンオリーブオイルの特徴もありつつそこまでクセが強すぎないのでパスタやサラダ、スープや煮込み料理などの仕上げに使いやすいオイルです。
ライトでは主張が弱すぎるときに使うことでほどよいオリーブオイルのおいしさで料理を引き立てることができます。