オリーブオイルにはバージンオリーブオイル、エクストラバージンオリーブオイル、ランパンテオリーブオイル、ピュアオリーブオイルと生産国では、オリーブオイルの質によっていくつか種類分けされています。表示偽装が問題になったこともあるオリーブオイルですが、日本で販売されているエクストラバージンオリーブオイルは8割が偽物だという噂もあります。今回はそんなエクストラバージンオリーブオイルについて国際基準も交えてご紹介します。

オリーブオイルの分類

オリーブオイルは国際オリーブオイル理事会の基準によると9つに分類されます。オリーブの実から搾油され、化学分析と官能試験からバージンオリーブオイル、エクストラバージンオリーブオイル、ランパンテオリーブオイルに分類されます。バージンオリーブオイルとエクストラバージンオリーブオイルはそのまま食用として使用できますが、ランパンテオリーブオイルは食用には適していません。そこでランパンテオリーブオイルを精製し、バージンオリーブオイルかエクストラバージンオリーブオイルを配合することによって食用として販売することが出来ます。この精製し配合して作ったオリーブオイルを日本ではピュアオリーブオイルと表記していることがあります。配合割合の表示義務はないので、どの程度配合されているかは分かりません。

それぞれの酸度基準を見てみるとバージンオリーブオイルは酸度2%以下、エクストラバージンオリーブオイルは0.8%以下、ランパンテオリーブオイルを精製してバージンオリーブオイルかエクストラバージンオリーブオイルを配合してつくったオリーブオイルは酸度1%以下になっています。

日本のオリーブオイルの分類

日本は国際オリーブオイル理事会に加盟していないため国際的な定義や規定は当てはまりません。日本にはJAS規格があり、それによるとオリーブオイルはオリーブ油と精製オリーブオイルの2種類に分類されます。この基準に当てはめると国際基準ではバージンオリーブオイルやピュアオリーブオイルのものがエクストラバージンオリーブオイルと表示されてしまう誤差が出てきてしまいます。

日本では国際基準に適った鑑定ができる人たちを育成する講座が開かれています。これから先、国際基準に近い鑑定と表示ができるようになるかもしれません。

エクストラバージンオリーブオイルの選び方

エクストラバージンオリーブオイルに限らず表示はしっかり確認することが大事です。収穫時期、原産地、品種の書いていないものは注意が必要です。保存容器についても遮光性のものを使っているものを選びます。また、エクストラバージンオリーブオイルは厳しい化学分析と官能検査をパスしたとても希少価値の高いオリーブオイルで、そこまでの品質に育て上げるために生産者の方々の大変な努力と苦労が必要になります。そんな手間暇のかかっているエクストラバージンオリーブオイルが安価なはずがありません。一概には言えませんが1ミリリットルあたり3円以下のものは購入を見送った方が良いかもしれません。

可能ならばテイスティングを行い、風味が自然にあるものの香りして、喉を通る際にピリッとした刺激があるか確認しましょう。