オリーブオイルが好きという方は多いはずです。爽やかなあの香り、油なのにもたれにくく食材の良さを引き出す味わい。さまざまな側面でとても注目されているオリーブオイルですが、やはり話題に上るのは体に良いという話です。

オリーブオイルが体に良いという話しは多くの方が知っていることですが、一体どのように体に良いのか分からない方もいるようです。

今回、ここではオリーブオイルが体に良いといわれている理由などを確認していきます。ぜひ、オリーブオイルの健康効果に興味のある方はチェックしてみてください。

オリーブオイルは体に良いといわれる理由

まず、オリーブオイルが体に良いといわれる理由を見ていきます。不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸ですが、オリーブオイルの脂肪酸の7割程度はこのオレイン酸が占めているといわれています。

動脈硬化であったり悪玉コレステロールの減少、血液をサラサラにする効果などオレイン酸自体に高い健康効果があることがいわれています。また、不飽和脂肪酸であることからも、胃の中にしっかりと居続けることで、脂肪が吸収されにくくなる効果があります。

つまり、太りにくい状態に食事中してくれるということです。こういった健康効果がある油は少なく、さらには爽やかな緑色の見た目も伴って、体に良いと思われているではないでしょうか。

体に良いオリーブオイルとは?

オリーブオイルは体に良いといわれていますが、注意しなければならないことがあります。それが、オリーブオイルの種類の選び方です。オリーブオイルには、ピュアオリーブオイルとエクストラヴァージンオイルの二種類があります。

ピュアオリーブオイルというと、とても純粋なイメージを与えますが、実はブレンドされているオリーブオイルなのです。エクストラヴァージンオイルと記載されていても、国際オリーブ協会に日本は加盟していないため承認を得ずとも勝手に名乗ることができます。

何と、日本に出回っているオリーブオイルの大半は偽物であるともいわれており、そういったオリーブオイルを使うのであれば健康効果が期待できないのです。

また、ピュアオリーブオイルや偽物のエクストラヴァージンオイルの場合ですが、トランス脂肪酸が多く含まれているといわれています。体に悪影響を与えるといわれているので、できるだけしっかりとした出自のオリーブオイルを利用することが前提なのです。

オリーブオイルのさまざまな栄養素

オリーブオイルが体に良いといわれるのは、オレイン酸だけではありません。実は、ポリフェノールが豊富に含まれていることもポイントです。

さらに、ヒドロキシチロソールやオレオカンタール、オレウロペインなどが含まれています。あまり聞き慣れない栄養素ではありますが、これらは骨粗鬆症であったり、アルツハイマー症の予防、ガンの治療などさまざまな健康効果が期待されています。

ビタミンEも豊富に含まれているなど、体に良いという成分がたっぷりと入っていることがオリーブオイルが健康効果があるといわれる所以でしょう。

コンテスト受賞オイルを選ぶ

オリーブオイルが体に良いといわれている理由が分かったと思いますが、ポイントとしてはまともなオイルを選ぶことです。基準とすれば、さまざまなコンテストに出品されており、さらには受賞歴のあるオイルを選べば間違いありません。

「オリーブジャパン国際エキストラバージンオリーブオイルコンテスト」など、こういった権威のある賞を受賞しているオリーブオイルを選ぶことで、体に良い効果が期待できるのです。