爽やかな香りが魅力のレモンオリーブオイルはサラダのドレッシングや炒めものなど幅広く使えるオリーブオイルです。レモンオリーブオイルを使えばいつものお料理もさっぱりと違ったおいしさを発見できます。

1位:レモンオリーブオイル(ビレッジプレス)

「ビレッジプレス」の「レモンオリーブオイル」で特筆すべきはその酸度です。通常の酸度が0.8%なのに対してビレッジプレスの酸度は0.1%です。収穫後徐々に鮮度が落ちてゆくオリーブは搾油までの時間が重要になってきますがビレッジプレスでは収穫からなんと2時間以内で搾油することで驚異の酸度0.1%を実現しました。

酸度が低くピュアな味わいのレモンオリーブオイルは繊細な味わいの日本食との相性が抜群です。新鮮なお刺身をほんのすこしの岩塩とレモンオリーブオイルで食べる贅沢をぜひ味わってください。(500ml ?税込3,650円)

2位:小豆島レモンオリーブオイル(オリーブアイランド)

小豆島のオリーブアイランドから発売されている「小豆島レモンオリーブオイル」はスペイン・アンダルシア地方アルカラの契約農園にて無農薬栽培された良質なオリーブ果実を厳選して収穫後、素早く瞬間冷凍して輸入します。それを小豆島産レモンとともに小豆島の自社工場で必要なだけ搾油した搾りたてのフレッシュなレモン風味のオリーブオイルのみ販売しています。
こだわりのノーワックス国産レモンを使っているので安心で、スッキリしたさわやかな香りのオイルでサラダ・マリネ等生で使う料理と相性抜群です。(100ml 税込1,500円)

3位:レモンオイルコンディショナー(Torre Saracena)

まるで「レモンの香水のようなオリーブオイル」と詠われている「レモンオイルコンディショナー」はレモンの爽やかな香りが特徴です。オリーブの実とレモンを一緒に圧搾し、遠心分離器にかけて一切の水分を飛ばすことで濃厚なレモンのエキスだけを残すことに成功しました。

マリネ液として使うほかにサラダやカルパッチョに使うことでその風味を存分に楽しむことができます。(220g 税込2,592円)

4位:レモンオリーブオイル(ディサンティ)

「ディサンティ」の「レモンオリーブオイル」はイタリアで最も古く歴史のある品種”フェッミネッロ”と呼ばれるガルガノ産のレモンを丸ごと新鮮なオリーブの実とともに圧縮し、爽やかな香りを残さずオイルに抽出しました。

レモンの爽やかさは白身魚との相性がよく、焼き上がった魚にひとかけすれば爽やかな香りが食欲をそそります。(500ml 2,450円)

5位:レモンオリーブオイル(マンチーノパドーニ)

オリーブオイルソムリエが作った「マンチーノパドーニ」の「レモンオリーブオイル」はイタリアのレモンの名産地、シチリアのレモンを使用しています。そのアロマは純正で味わい深く、他に類を見ない香りになっています。

マリネやカルパッチョのほか、自慢の香りを生かすため、バターの代わりにレモンオリーブオイルを使ったお菓子作りにもおすすめです。レモンのしっかりとした香りがあるからこその使い方ができるマンチーノパドーニのレモンオリーブオイルです。(250ml 税込1,944円)