食用オイルとは、食用として使われている油脂のことで、動物性、植物性があります。食用油脂の中で、オリーブオイル、エゴマ油、コーン油、グレープシードオイルなど常温で液状になっている油脂のことを食用油(食用オイル)といいます。

食用オイルの種類

食用オイルの主成分である脂肪酸はオメガ3系オメガ6系飽和脂肪酸に分類されており、それぞれ特徴や効果が異なります。

オメガ3系脂肪酸

オメガ3系脂肪酸の代表的なものはα-リノレン酸DHAEPAです。α-リノレン酸は人の体内でつくることができず食物から摂取する必要がある必須脂肪酸です。α-リノレン酸は、体内で代謝されてDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)になります。DHAやEPAはイワシやサバなどの青魚からも摂取することができます。

DHAやEPAは、以下の効果が期待されています。

  • 血中の悪玉コレステロールの減少
  • 血圧を下げる
  • アレルギー体質の改善
  • 生活習慣病の予防
  • がんの予防
  • 血液をサラサラにする

オメガ3脂肪酸は、エゴマ油、亜麻仁油、菜種油、大豆油などから摂取することができます。

オメガ6系脂肪酸

オメガ6系脂肪酸には、リノール酸アラキドン酸などがあります。摂りすぎると体によくないと言われていましたが、現在ではオメガ3系とバランスよく摂取することでアレルギーを抑制し炎症を抑えたり血液をサラサラにしたりする効果が期待されています。過剰に摂取することで真逆の働きをしてしまうため、摂取には注意が必要です。

コーン油やゴマ油、サラダ油、マヨネーズなどに含まれています。

オメガ9系脂肪酸

オメガ9系脂肪酸で代表的なものは、オレイン酸です。オレイン酸は、油から取り入れることもできますが体内で合成することもできる脂肪酸です。血中の悪玉コレステロールを下げる働きが期待されています。オメガ9系脂肪酸はオリーブオイル、紅花油、菜種油、落花生油などから摂取することができます。

飽和脂肪酸

飽和脂肪酸は、肉や乳製品などの動物性食品に多く含まれており、代表的な脂肪酸としてはラウリン酸、パルミチン酸があります。

パーム油、ココナッツオイル、ラード、バターなどに多く含まれており、摂りすぎると悪玉コレステロール・中性脂肪が増えるデメリットがあります。

飽和脂肪酸のひとつである中鎖脂肪酸やラウリン酸には様々な効果があるため、適量であれば摂取して良い油です。

食用オイル人気資格とは

食用オイルに関する資格は数多くあります。

試験や検定では、上記でご紹介したような基本から、それぞれのオイルの特徴など、様々な知識が問われます。

ここからはオリーブオイルやココナッツオイルなどの植物由来のオイルに関する資格について、基本的な情報や試験概要、金額、取得のメリット、どのような仕事に活かせるかをご紹介します。

食用オイルソムリエ

食用オイルソムリエとは、複数ある食用オイルにおける特性・有効な活用法・効果などを理解し、適切なオイルを選定・提供できる能力を有する者に与えられる資格です。

こちらの資格により、健康・美容・ダイエット効果に対し正しい根拠を添えた適切なオイル選びが身に付きます。

日々摂取するオイルの有効的な活用法は、健康志向の高い老若男女に求められる情報であり、一人一人の状況に適したオイルを提案できる食用オイルソムリエの活躍は長期間にわたり需要が見込めます。

食用オイルソムリエの基本情報

食用オイルソムリエは、日本安全食料料理協会(JSFCA)によって主催されており、資格試験が2ヶ月に1回実施されます。

試験では、「植物性」と「動物性」に分類される食用オイルの知識・有効な活用法・効果などの知識が問われます。

  • 受験資格・・・特になし
  • 受験料・・・・10,000円(消費税込み)
  • 申込方法・・・日本安全食料料理協会ホームページからの申込み
  • 受験方法・・・在宅受験
  • 合格基準・・・70%以上の評価

申し込みから合否通知までの流れは以下のとおりです。

  1. 日本安全食料料理協会ホームページから受験申込の手続きをします。
  2. 同協会より受験票・試験問題・解答用紙が送付されます。受験料は代金引換での支払いなので、書類を受け取った際に配送スタッフに10,000円(税込み)を支払います。
  3. 指定された試験期間内の都合の良い日に、在宅にて試験を実施します。
  4. 試験後、同封されている返送用封筒に解答用紙を入れ、提出期限までに同協会へ返送し  ます。
  5. 合否通知は、翌月20日に同協会より発送されます。

食用オイルソムリエの合格基準は、全体の70%以上の評価となっています。

受験資格は特にないのでどなたでも受験可能です。

日程の詳細情報は、日本安全食料料理協会ホームページにてご確認ください。

食用オイルソムリエ資格を取得するメリット

日常生活で私たちが使うオイルですが、たとえ健康志向が強い方でも「どのオイルを選べばいいか分からない」と悩む声が意外と多いです。そこでオイルの適切な選定・提供ができる食用オイルソムリエの知識が求められます。

相手の悩みや希望に沿ったオイルの提案が可能なので、とても重宝される人材だと言えます。

一方、オイルの特徴を把握していれば、ご自身や家族の健康管理にも役に立ちます。必要に応じたオイル選びにより健康・美容に効果を発揮する以外にも、個々のオイルの香り・風味を活かした料理アレンジも楽しめます。

食用オイルソムリエ資格を活かせる仕事とは

食用オイルソムリエの知識をもとに、健康・美容に関連した分野での活躍が期待できます。

例えば、食料品店の接客業または料理提供する調理関係など、お客様と相談の上で一人一人のニーズに適したオイルを提供でき、「健康・美容の相談役」として信頼関係を築けます。

その他の働き方としては、カルチャースクールや自宅での講師活動を通し、オイルの効果的な使い方を広める役割を担うのもひとつの手です。

いずれにしても、正しい知識に基づいた食用オイルソムリエの能力は、健康・美容における様々な場面で必要とされ、多くの人をサポートできる貴重な人材となります。

食用油アドバイザー

食用油アドバイザーとは、多種多様なオイルの知識・特性・活用法を理解した上で、健康や美容の悩みに適したオイルの選定・助言ができる能力を有する者に与えられる資格です。食用オイルと言えば、オリーブオイル・胡麻油・サラダ油・米油・ココナッツオイルなど豊富な種類がありますが、個々の特性を十分に理解して有効的に取り入れている方はまだ少ないです。

その点、オイルの専門家である食用油アドバイザーは、個々の特性を理解したプロの視点で悩みやご要望に適切なオイルの選定・アドバイスが可能な人材です。

食用油アドバイザーの基本情報

食用油アドバイザーは、日本インストラクター技術協会(JIA)によって主催されており、資格試験が2ヶ月に1回実施されます。

試験では、様々なオイルの知識・成分、また健康や美容に効果的な活用方法・摂取方法などの深い理解が求められます。

  • 受験資格・・・特になし
  • 受験料・・・・10,000円(消費税込み)
  • 申込方法・・・日本インストラクター技術協会ホームページからの申込み
  • 受験方法・・・在宅受験
  • 合格基準・・・70%以上の評価

申し込みから合否通知までの流れは以下のとおりです。

  1. 日本インストラクター技術協会ホームページから受験申込の手続きをします。
  2. 協会から受験票・試験問題・解答用紙が送付されます。受験料は10,000円(税込み)で、代金引換で支払います。
  3. 指定された試験期間内の都合の良い日に、在宅にて試験を実施します。
  4. 試験後、同封されている返送用封筒に解答用紙を入れ、提出期限までに同協会へ返送し  ます。
  5. 合否通知は、翌月20日に同協会より発送されます。

食用油アドバイザーの合格基準は、全体の70%以上の評価となっています。

受験資格などの制限もないため、誰でも受験することができます。

日程の詳細情報は、日本インストラクター技術協会ホームページで確認することができます。

食用油アドバイザー資格を取得するメリット

食用油アドバイザーの資格取得により、正しい知識をもとに様々なオイルの効果的な選択・摂取方法をアドバイスできる能力が身に付きます。健康志向が求められる中であっても、「何となく体に良さそうだから」という曖昧な理由でオイルを選択してしまいがちです。

しっかりご自身で成分・効能を把握しながら健康・美容のために必要な取捨選択ができる力は生涯の財産となります。

そうした食用油アドバイザーの知識はご自身と家族の健康促進のみならず、ビジネスの場においても多くの人に健康的な食生活の助言ができる貴重な存在だと言えます。

食用油アドバイザー資格を活かせる仕事とは

食用油アドバイザーは、悩みやご要望に適したオイルの選定・助言を明確な根拠とともに提案できる人材であり、健康や美容に関連する業界での仕事が見込めます。

具体的な活躍の場としては、食に関わる業界での有効的なオイル活用・レシピ提案、またはカルチャースクールや料理教室での講師活動などです。

食用オイルによる体への効能や影響を深く理解した食用油アドバイザーは、その技能により多くの人の健康・美容を支える「継続的に付き合いたいパートナー」として頼りにされる非常にやりがいのある仕事です。

オリーブオイルテイスター

オリーブオイルテイスターとは、オリーブオイルに関する知識・テイスティング技術を有した者に与えられる資格です。

世界各国で生産されるオリーブオイルは、私たちの健康的な食生活を支えるだけでなく美容効果においても期待される優秀な存在であり、有効的に使うための正しい知識や技能が必要とされています。

正しい知識・技術を持つオリーブオイルテイスターは、その確かな技能で多くの人に良質なオリーブオイルを選定・提供できる貴重な人材だと言えます。

オリーブオイルテイスターの基本情報

オリーブオイルテイスターは、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が主催しており、同協会の指定講座カリキュラム終了後、随時在宅にて受験可能です。

出題内容では、オリーブオイルの「生態」「等級」「搾油方法」「品質・産地」「効能」「歴史」などに加え、世界各地におけるオリーブオイルの知識も問われます。

同時に、オリーブオイルのテイスティング知識・技術も審査対象です。

  • 受験資格・・・同協会指定の講座修了者
  • 受験料・・・・5,600円(消費税込み)
  • 受験方法・・・同協会の指定講座修了後、在宅受験
  • 受験方式・・・筆記、実技
  • 合格基準・・・70%以上の評価

受験料のほか、指定の講座受講料が別途必要です。

資格・受講に関する詳細情報は、一般財団法人日本能力開発推進協会ホームページ(https://www.jadp-society.or.jp/)にてご確認ください。

オリーブオイルテイスター資格を取得するメリット

オリーブオイルテイスターの資格取得メリットは、「オリーブオイルに関する知識」と「テイスティング技術」が身に付くことです。

同協会の指定講座では、世界各地のオリーブオイル29種類の特性や、実践的な食生活・ボディケアへの活用法についても理解が深まります。健康や美容のためにオリーブオイルを使用したい人に向けて、個々のオリーブオイルが持つ特性を理解したオリーブオイルテイスターは、確かな技能のもと一人一人に適したオリーブオイルを提案できる人材として注目されます。

もちろん他者に向けた有益な情報提供だけでなく、ご自身や家族の健康促進にも日常的に役立つ知識が身に付くので、食生活やボディケアなどを実践して健康・美容の管理を見直すきっかけにもなります。

オリーブオイルテイスター資格を活かせる仕事とは

正しい知識とテイスティング技術を有したオリーブオイルテイスターは、飲食業界や美容業界で、相手に適したオリーブオイルを提供できる人材として活躍が見込めます。飲食業界では商品販売や飲食店勤務において、お客様に適したオリーブオイルの提案またはレシピ考案など、食生活のアドバイスが可能です。

そして美容業界ではサロンや教室を通して、体の内外に効果的なオリーブオイルの使い方を提案・指導でき、オリーブオイルの活用方法を多くの人に広めることができます。

いずれにしても、健康や美容に関する具体的なオリーブオイルの活用法や、一人一人に適した商品の選定・提案ができるオリーブオイルテイスターは、その道のスペシャリストとして一目置かれる存在となります。

オイルソムリエ

オイルソムリエとは、健康や美容におけるオイルの役割・活用法を理解し、「体の内側と外側からの健康」を実現させるために必要不可欠なオイルの使い方に関する提案・助言ができる者に与えられる資格です。

数多くの種類のオイルが身近な所で入手しやすくなったものの、いざ自分の悩みや健康のために適したオイル選びとなると、「何を使えばいいか迷う」と戸惑う声も耳にします。

そこで正しい知識を有したプロフェッショナルとして頼りになるのが、このオイルソムリエの存在です。一人一人の理想的な「健康で美しい暮らし」を、適切なオイル提案を通じてサポートできる人材として期待されています。

オイルソムリエの基本情報

オイルソムリエは、一般社団法人日本オイル美容協会(JOBA)によって主催されており、資格試験が年2回(5月・11月)実施されます。同協会が主催するオイルソムリエ検定は、以下の3つに分かれています。

ウェルネスオイルソムリエ

ウェルネスとは、「心身ともに健康な状態を目指す活動」を意味する言葉です。

食生活をはじめとした健康管理に役立つ知識が修得でき、食関連・予防医療・体力維持および向上におけるオイルの活用法が理解できます

ビューティーオイルソムリエ

オイルと美容との関係について知識が身に付きます。

日頃のお手入れに欠かせないオイルの理解を深め、「健康的な美しさ」を提案できる人材になります。

JOBAオイルソムリエ

JOBAオイルソムリエは、他の「ウェルネスオイルソムリエ」と「ビューティーオイルソムリエ」を網羅した総合的な資格です。

広い視点からオイルを理解したスペシャリストだと言えます。

  • 受験資格・・・同協会認定校での資格講座修了者
  • 受験料・・・・20,000円(ウェルネスオイルソムリエ/ビューティーオイルソムリエ)、30,000円(JOBAオイルソムリエ)
  • 受験方法・・・会場受験(東京)
  • 受験方式・・・学科、実技

各検定における受験資格は、同協会認定校での資格講座修了者に限ります。

受験料のほか、受験資格である講座受講には別途費用が発生します。

日程・講座の詳細情報は、一般社団法人日本オイル美容協会ホームページ(https://www.oil-biyou.jp/)にてご確認ください。

オイルソムリエ資格を取得するメリット

日常の暮らしに適切なオイルを取り入れ、健康・美容に有効活用する能力・提案力が身に付きます。

毎日摂取または美容に使う身近なオイルだからこそ、ご自身の健康管理に役立てることはもちろん、家族や周囲の人に喜ばれる提案も可能です。

またこの資格を通して、健康や美容に関連する職場で正しいオイルの活用方法を広めるのも、オイルソムリエとして有意義な時間だと言えます。

オイルソムリエ資格を活かせる仕事とは

オイルの専門家として健康・美容に関連する分野での活躍が期待できます。

具体的な業界としては、食を取り扱う飲食業界、化粧品やサロンに関わる美容業界など、体の内外よりケアを目的とした適切なオイルの提案サービスが可能です。

また別の選択肢として、企業への就職以外に独立開業や講師活動もあげられます。

人生100年と言われる中で、「いかに自分らしく健康に美しく暮らせるか」が問われており、オイルを活用した適切なアドバイスが可能なオイルソムリエの需要はさらに高まります。

オリーブオイルソムリエ

オリーブオイルソムリエとは、オリーブオイルに関する正しい知識やテイスティング技術を有し、適切なオリーブオイルの提案・助言ができる者に与えられる資格です。

一言にオリーブオイルといっても、様々な種類が存在しており、その産地・特性・味わいなどの違いはまだ世間では広く認知されていません。こうした複数あるオリーブオイルの違いや奥深さを理解した上で、その有効的な使い方を広める役割を担うのが、オリーブオイルソムリエだと言えます。

多くの消費者の暮らしをより豊かにするための提案・助言を、私たちの身近なオリーブオイルを通して実現できる人材です。

オリーブオイルソムリエの基本情報

オリーブオイルソムリエは、一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会が主催するオリーブオイルの資格であり、以下の3段階のレベルが設定されています。

ジュニアオリーブオイルソムリエ

オリーブオイルの基礎知識が身に付きます。

具体的には、オリーブオイルの歴史・製造・特性・料理および健康に対する活用法などが修得可能です。

「ジュニアオリーブオイルソムリエ」は、同協会の指定講座を受講後に試験なしで資格が認定されます。

オリーブオイルソムリエ

基礎的な講座である「ジュニアオリーブオイルソムリエ」の修了者がよりレベルアップを目指した資格です。

こちらでは、オリーブオイルの専門的な知識を修得できるほか、高度なテイスティング技術も得られます。

マスターオリーブオイルソムリエ

オリーブオイルについて品質・栽培・マーケティング理論など深く理解し、実践的なテイスティング技術も有した者に与えられる最上級の資格です。

さらに「マスターオリーブオイルソムリエ」に関しては、資格更新制を設けています。定期的な資格の更新により、ご自身の実力を確認できるためレベル維持・向上が期待できます。

オリーブオイルソムリエの受講料

  • ジュニアオリーブオイルソムリエ・・・69,740円(入会金も含む)
  • オリーブオイルソムリエ・・・・・・・162,800円
  • マスターオリーブオイルソムリエ・・・270,600円

同協会の指定講座修了後、資格試験を受験します(ジュニアオリーブオイルソムリエを除く)。

原則として資格は、同協会の講座修了者を対象としており、「ジュニアオリーブオイルソムリエ」→「オリーブオイルソムリエ」→「マスターオリーブオイルソムリエ」と段階を経た取得方式となります。

各講座の日程・費用など詳細情報は、一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会ホームページにてご確認ください。

オリーブオイルソムリエ資格を取得するメリット

オリーブオイルソムリエの資格取得メリットは、大きく2つあります。

1つ目はオリーブオイルの正しい知識をもとに有効的な使い方を提案できること、そして2つ目は高度なテイスティング技術が身に付くこと、です。

特に後者の「テイスティング技術」は、個々のオリーブオイルが持つ特性・味わいを具体的に相手に伝えたいときに大変役に立ちます。

オリーブオイルソムリエ資格を活かせる仕事とは

基礎から応用まで理解するオリーブオイルソムリエは、主に食を取り扱う業界で能力を発揮できます。

具体例としては、食関連の企業への就職やカルチャースクール・自宅での講師活動、または飲食店でのレシピ考案も可能です。

一般的に健康や美容におけるオリーブオイルの効果は知られていますが、残念ながら現実では、正確な情報をもとにした有効な活用方法は消費者へ十分に行き渡っていません。

オリーブオイルの専門家であるオリーブオイルソムリエは、日々の暮らしで効果的にオリーブオイルを活用するための適切な提案ができる優秀な存在です。

食用オイル資格を取得するには

オイルの資格を取得するには、各項目で紹介した認定試験を受験したり、指定の講座を受講したりする必要があります。

認定試験のみの資格でも、対策学習ができる通信教育スクールがある場合もあります。指定講座に通うのが難しい場合や独学での受験が不安な場合は、通信教育で学習するのもおすすめです。

通信講座については食用オイル資格が取得できる通信教育スクール・通信講座でもご紹介していますので、参考にしてみてください。