サクサクした食感のヘーゼルナッツは、チョコレートやクッキーなどの菓子類に使用されることが多いですが、このナッツは油の含有量が40%もあるため、ヘーゼルナッツオイルも作られているのです。

そして、このオイルが、極めて肌のアンチエイジングに効果的だということです。

ヘーゼルナッツオイルとは

ヘーゼルナッツオイルは、カバノキ科ハシバミ属の通常ヘーゼルナッツと呼ばれる果実から抽出されたオイルです。

ヘーゼルナッツは、油分を豊富に含んでいるので、圧搾法により抽出され、普通『一番搾り』と呼ばれるオイルです。

ヘーゼルナッツオイルの特徴

ヘーゼルナッツオイルに含まれている不飽和脂肪酸は、オレイン酸、パルミトレイン酸、リノール酸で、ビタミン類もA,B,Eを豊富に含んでいますから、とても栄養価の高いオイルだといえます。

でもやはり、注目すべきは、パルミトレイン酸と、オリーブオイルの2.5倍のビタミンEが含まれていることでしょう。

パルミトレイン酸は、『若さの脂肪酸』といわれていて、人間も本来持ち合わせている成分ですが、加齢と共に失われてしまいます。

その『若さの脂肪酸』をヘーゼルナッツオイルによって補充することが出来るのです。

ただしヘーゼルナッツオイルは、産地によってパルミトレイン酸が含まれていないものもあります。

南米チリ産のヘーゼルナッツオイルには、オレイン酸が43%に対して、パルミトレイン酸が25%も含まれているので理想的です。

ヘーゼルナッツオイルのアンチエイジング効果

オレイン酸、パルミトレイン酸を始め、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンE等の栄養素が肌の再生を助ける役目をして、アンチエイジングにつながります。

特に、脂性肌や混合肌に向いていて、余分な脂質の分泌を抑えて、みずみずしい肌へと導いてくれますし、収斂効果があるので、たるんだ肌を引き締める効果もあります。

またヘーゼルナッツオイルは、健康面でもアンチエイジング効果を発揮し、悪玉コレステロールを減少させて動脈硬化などの生活習慣病の予防にも効果的です。

そして、血行を促して、肩こりや冷え性も改善する効果も期待できます。

ヘーゼルナッツオイルの効果的な肌への使い方

ヘーゼルナッツオイルを効果的に肌に使用するには、マッサージがおすすめです。

顔から足先まで全身に使用でき、ナッツの香りがリラックス効果をもたらし、浸透力の高さが素早く全身を保湿してくれます。

ヘーゼルナッツオイルの料理への使用

ヘーゼルナッツオイルは、ナッツの香りと味わいがとても芳醇なので、お菓子作りにとても合います。

また、サラダのドレッシングにしたり、肉料理の仕上げにかけると一層味わいが深くなります。

ヘーゼルナッツオイルの注意点

ヘーゼルナッツオイルを肌につける場合は、まれにアレルギーを起こすことがあるので、まず一滴腕の内側など目立たないところに塗って、パッチテストをしてください。数時間後にはだに赤みや炎症、かゆみなどの症状が見られなければ使用しても大丈夫です。

保存する際は、高温多湿を避け、冷暗所で密閉容器に入れて保存します。

ヘーゼルナッツオイルは、ヘーゼルナッツ自体の生産量があまり多くないので、希少なオイルとされていますから、無駄にすることなく、効果を最大限に発揮できる使い方をしたいものです。