『モロッコの黄金』と呼ばれるアルガンオイルは、その優れた美容効果に定評があります。

アルガンオイルとはどんなオイルなのか、そして、具体的にどのような美容効果があるのか、さらには使い方なども説明します。

アルガンオイルとは

アルガンオイルとは、モロッコの砂漠に生息するアルガンの木の種子から抽出されたオイルです。

アルガンの木は、何年もの間一滴の雨が降らない砂漠でも枯れることがないといわれている木で、アルガンオイルはその樹木の種子100kgから約1リットルしか抽出できないとても希少なオイルです。

モロッコのベルベル族は、昔からアルガンオイルを食用、薬用そして化粧品として利用してきました。

アルガンオイルの最大の特徴として、オリーブオイルの4倍から10倍ともいわれる豊富なビタミンEの含有量が挙げられます。

そして、他にも抗酸化物質としてポリフェノールが含まれているので、美容オイルの中では珍しく酸化に強いオイルです。

アルガンオイルの美容への効能効果

アルガンオイルは、そのビタミンEやポリフェノールなどの豊富さから、アンチエイジングにとても効果的だといわれています。

アルガンオイルは、保湿効果がとても高く、肌の深部に浸透して、PH(水分と油分のバランス)を保ち、肌を柔らかく保ちます。

さらに、ランダム試験により、閉経後の女性に肌の弾力性が戻ってくるという報告があります。

そして、ヘアケアにも優れていて、髪をサラサラに保ち、頭皮をケアすることで薄毛の予防にも効果が期待されます。

アルガンオイルの使用方法

アルガンオイルは頭の先から足の先までまさしく全身のための美容オイルです。

痛んだ髪の毛のトリートメントには、シャンプーの前に地肌と髪の毛全体にアルガンオイルをなじませて、20~30分放置します。その後シャンプーで洗い流すことで、つやのあるさらさらの髪を取り戻すことが出来ます。

また薄毛や抜け毛対策には、シャンプー前のオイルパックがお勧めです。アルガンオイルを地肌にもみ込むようになじませて、出来ればラップなどで頭全体を覆って20~30分放置します。毛穴の汚れがしっかり取れて、健康な髪が生えやすくなります。

アルガンオイルのフェイスマッサージは、角質を取り除いて肌のきめを整え、弾力を取り戻す効果があります。

さらに、アルガンオイルは、私たちの皮脂に近い成分のため、洗顔後すぐに肌にすりこむことにより、その後につけるローションの保湿効果を高めます。

そしてもちろん、料理に使えば内側から美と健康を保つことが出来ます。

ビタミンEが豊富なアルガンオイルは、炒め物などの加熱料理にも使え、ハーブやスパイスを加えて生でソースやドレッシングとして使っても、料理の素材の味を引き立てることが出来ます。

また、ビタミンEはビタミンAの酸化を防ぐ効果があるので、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜などの青菜と合わせることによりさらに相乗効果が上がります。

アルガンオイルの溢れる生命力で美しさと健康を

雨がほとんど降らず、高温になる過酷な条件の地域で育つアルガンの木から採取だれたオイルは、生命力に満ち溢れています。

アルガンオイルの生命力を余すところなく活用して、美しさと健康を保ちましょう。